HOME 駅伝

2023.03.24

中大女子長距離がアンダーアーマーとパートナーシップ契約!「強い中大」の復活と進化への挑戦
中大女子長距離がアンダーアーマーとパートナーシップ契約!「強い中大」の復活と進化への挑戦

中大女子長距離ブロックがアンダーアーマーとパートナーシップ契約を締結した

アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームは3月24日、中大女子長距離ブロックと4月1日付でパートナーシップ契約を締結することを発表した。

高みを目指して挑戦を続ける同部の想いや姿勢に共感し、契約に至ったという。今後は、ランニングウェア・シューズの提供をはじめさまざまな面で同部をサポートする予定。また、チームの挑戦の過程を記録したドキュメンタリー動画「未来への1秒」の配信を4月中旬から開始するなど、中大女子長距離ブロックの挑戦をリアルな姿で発信していくという。

広告の下にコンテンツが続きます

中大女子長距離ブロックは、全日本大学女子駅伝に1989年、93年と2度優勝。個人でも多くのトップランナーが生まれており、OGの五島莉乃(資生堂)が昨年のオレゴン世界選手権10000mに出場した。

2019年から全日本大学女子駅伝初Vメンバーでもある鈴木智香子氏が長距離・駅伝監督に就任。今回の契約について「さらなる強さを手に入れるために大事な選択でした」とし、大学日本一、さらには世界で活躍できる選手の育成を中長期目標に掲げて「アンダーアーマーと共に強みを分かち合いさらなる高みを目指してまいります」とコメントした。

また、主将の風間歩佳も「多くのサポートに感謝しつつ、アンダーアーマーとともに『強い中大』を復活させ、進化し挑戦していく姿を見ていただけたらと思っております」とさらなる飛躍を誓った。

次ページ 鈴木智香子駅伝監督&風間歩佳主将のコメント全文

広告の下にコンテンツが続きます
アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームは3月24日、中大女子長距離ブロックと4月1日付でパートナーシップ契約を締結することを発表した。 高みを目指して挑戦を続ける同部の想いや姿勢に共感し、契約に至ったという。今後は、ランニングウェア・シューズの提供をはじめさまざまな面で同部をサポートする予定。また、チームの挑戦の過程を記録したドキュメンタリー動画「未来への1秒」の配信を4月中旬から開始するなど、中大女子長距離ブロックの挑戦をリアルな姿で発信していくという。 中大女子長距離ブロックは、全日本大学女子駅伝に1989年、93年と2度優勝。個人でも多くのトップランナーが生まれており、OGの五島莉乃(資生堂)が昨年のオレゴン世界選手権10000mに出場した。 2019年から全日本大学女子駅伝初Vメンバーでもある鈴木智香子氏が長距離・駅伝監督に就任。今回の契約について「さらなる強さを手に入れるために大事な選択でした」とし、大学日本一、さらには世界で活躍できる選手の育成を中長期目標に掲げて「アンダーアーマーと共に強みを分かち合いさらなる高みを目指してまいります」とコメントした。 また、主将の風間歩佳も「多くのサポートに感謝しつつ、アンダーアーマーとともに『強い中大』を復活させ、進化し挑戦していく姿を見ていただけたらと思っております」とさらなる飛躍を誓った。 次ページ 鈴木智香子駅伝監督&風間歩佳主将のコメント全文

鈴木智香子駅伝監督&風間歩佳主将のコメント

●鈴木智香子駅伝監督のコメント アンダーアーマーとのパートナーシップ契約は、中央大学女子陸上競技部 長距離ブロックとしては大きな決断であり、更なる強さを手に入れるために大事な選択でした。アンダーアーマーと共に強みを分かち合い更なる高みを目指して参ります。今後の展開を乞うご期待ください。応援よろしくお願いいたします。 ●風間歩佳主将のコメント この度、パートナーシップ契約を締結したことを大変嬉しく思います。私たち中央大学女子陸上競技部 長距離ブロックは、チームでの目標を実現するために、 日々切磋琢磨し合いながら練習に励んでいます。多くのサポートに感謝しつつ、アンダーアーマーと共に「強い中大」を復活させ、進化し挑戦していく姿を見て頂けたらと思っております

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top