HOME 海外

2023.02.19

女子60mでホッブスが世界歴代2位の6秒94 好調ホールは2冠達成/全米室内選手権
女子60mでホッブスが世界歴代2位の6秒94 好調ホールは2冠達成/全米室内選手権

A.ホッブス(2022年世界選手権100m)写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇2023全米室内選手権(2月16~18日/アルバカーキ)

2月17日、18日に米国ニューメキシコ州アルバカーキで全米室内選手権の2、3日目が行われ、女子60mでA.ホッブスが世界歴代2位の6秒94で優勝を飾った。

1月に6秒98をマークするなど、室内シーズンは負けなしと好調のホッブスは予選も7秒02で1着で通過。決勝でもスタートから身体ひとつ抜け出すと、フィニッシュ前でさらに差を広げ、世界記録(6秒92/I.ブリワロワ)まであと0秒02にまで迫った。

来週で27歳を迎えるホッブ18年の全米選手権100m以来の全米制覇。21年東京五輪4×100mリレーでは1走を務め、銀メダルに貢献。昨年の世界選手権では100mで6位に入っている。

女子400mは初日の五種競技で優勝したA.ホールが51秒03で2冠獲得。2位に1秒以上の大差をつける圧勝だった。また同重量投では19年世界選手権ハンマー投金メダリストのD.プライスが26m02の世界記録を樹立。走高跳ではV.カニンガムが2m00の自己タイ記録で7度目の優勝を飾った。

男子では棒高跳で元世界チャンピオンのS.ケンドリックスが5m91で快勝。昨年の北中米カリブ選手権優勝のW.ウィリアムズが8m20の自己新で優勝を果たした。60mでは世界選手権200m金のN.ライルズが準決勝で6秒56をマークしたものの、決勝を棄権。代わって、大学生のJT.スミスが6秒53で制した。
次は 世界歴代2位をマークしたホッブス

◇2023全米室内選手権(2月16~18日/アルバカーキ) 2月17日、18日に米国ニューメキシコ州アルバカーキで全米室内選手権の2、3日目が行われ、女子60mでA.ホッブスが世界歴代2位の6秒94で優勝を飾った。 1月に6秒98をマークするなど、室内シーズンは負けなしと好調のホッブスは予選も7秒02で1着で通過。決勝でもスタートから身体ひとつ抜け出すと、フィニッシュ前でさらに差を広げ、世界記録(6秒92/I.ブリワロワ)まであと0秒02にまで迫った。 来週で27歳を迎えるホッブ18年の全米選手権100m以来の全米制覇。21年東京五輪4×100mリレーでは1走を務め、銀メダルに貢献。昨年の世界選手権では100mで6位に入っている。 女子400mは初日の五種競技で優勝したA.ホールが51秒03で2冠獲得。2位に1秒以上の大差をつける圧勝だった。また同重量投では19年世界選手権ハンマー投金メダリストのD.プライスが26m02の世界記録を樹立。走高跳ではV.カニンガムが2m00の自己タイ記録で7度目の優勝を飾った。 男子では棒高跳で元世界チャンピオンのS.ケンドリックスが5m91で快勝。昨年の北中米カリブ選手権優勝のW.ウィリアムズが8m20の自己新で優勝を果たした。60mでは世界選手権200m金のN.ライルズが準決勝で6秒56をマークしたものの、決勝を棄権。代わって、大学生のJT.スミスが6秒53で制した。 次は 世界歴代2位をマークしたホッブス

世界歴代2位をマークしたホッブス

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top