HOME 特集

2023.02.16

“世界一”熾烈な代表選考!日本選手権20km競歩 男子は世界王者不在 池田向希が参加標準突破で世界陸上内定 女子は岡田VS藤井に注目
“世界一”熾烈な代表選考!日本選手権20km競歩 男子は世界王者不在 池田向希が参加標準突破で世界陸上内定 女子は岡田VS藤井に注目

2022年日本選手権20km競歩の様子

2月19日に第106回日本選手権20km競歩が兵庫・六甲アイランドで行われる。ブダペスト世界選手権代表を懸けたレース。特に男子は文字通り“世界一熾烈”と言えるほど、世界が注目する一戦となる。

2019年ドーハ、22年オレゴンと世界選手権を連覇している山西利和(愛知製鋼)は出場を見送り。ディフェンディング・チャンピオンに与えられる「ワイルドカード」により、すでにブダペスト世界選手権の代表権を持つだけに、「冬季練習で少しもたついた」ため、大事をとったかたち。焦りはない。

世界王者不在のなか、優勝候補筆頭は池田向希(旭化成)か。21年東京五輪では日本人最上位の銀メダル、オレゴン世界選手権では山西に次ぐ銀メダルと、世界トップウォーカーの一人だ。意外にも日本選手権の優勝はなく、初優勝なるか。オレゴンの結果により、参加標準記録(1時間20分10秒)を突破すれば内定となる。

それ以外の選手は日本陸連が定める派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破して池田を除く最上位となれば世界選手権代表に内定する。

日本選手権で無類の強さを誇るのが髙橋英輝(富士通)で、これまでこの種目最多6度の優勝を誇る。世界選手権に4度出場している髙橋も30歳とベテランの域に入ったが、昨年も1時間29分04秒で制して世界選手権内定を勝ち取るなど、勝負強さは健在。7度目の王座と5度目の世界選手権切符を狙う。

もう一人、注目なのが川野将虎(旭化成)だろう。東京五輪50km競歩6位、オレゴン世界選手権35km競歩銀メダル。長い距離で実績を残しているが、東洋大時代には20kmでも1時間17分24秒の学生記録を樹立している。20km競歩は2年ぶりで、同種目の日本選手権出場は学生記録樹立時以来、4年ぶり。磨きをかけたスタミナやスピード持久力で一気に初Vもあり得る。

同じく世界選手権代表組では、20km競歩で8位入賞を果たした住所大翔(順大院)も上位候補。また、同35km競歩代表の松永大介(富士通)、野田明宏(自衛隊体育学校)、丸尾知司(愛知製鋼)も出場を予定している。特に松永は20km競歩でリオ五輪入賞の実績があり、スピードは世界でも屈指。長くケガに苦しんだが、ようやく本領を発揮してきた。

他ではスピードが武器の古賀友太(大塚製薬)も力がある。歩型にやや課題があったが、昨年10月には栃木国体10000m競歩で池田に次ぐ2位、全日本競歩高畠大会20km競歩を制するなど安定感が出てきた。

この辺りが上位争いを繰り広げることになる。世界王者不在とは言え、世界トップウォーカーが激突する一戦となりそうだ。

女子のブダペスト世界選手権派遣設定記録1時間28分30秒。これを切って優勝すれば代表に内定だが、このタイムを越えたことがあるのは日本記録(1時間27分41秒)保持者の岡田久美子(富士通)と、2009年に当時日本記録の1時間28分03秒を出した渕瀬真寿美(建装工業)の2人だけ。一筋縄ではいかないだろう。

破れる可能性があるのは岡田と、ドーハ・オレゴンと世界選手権2大会入賞の藤井菜々子(エディオン)で、今回も2人の一騎打ちが予想される。

2人からやや離されるが、35km競歩で世界選手権に出場した園田世玲奈(NTN)は昨年の国体5000m競歩も優勝するなど、スピードに磨きをかけている。河添香織(自衛隊体育学校)や伸び盛りの内藤未唯(神奈川大)、日本インカレ10000m競歩優勝・梅野倖子(順大)も有力。U20世界選手権10000m競歩銅メダリスト・柳井綾音(立命大)の初20kmにも注目だ。

併催されるU20にも、男子10kmは下池将多郎(鹿児島工高3鹿児島)や女子10kmにはU20世界選手権銀メダルの大山藍(鹿児島女高2鹿児島)ら若きトップウォーカーが集結する。

ブダペスト世界選手権、さらには来年に控えるパリ五輪も視野に入る大事な一戦。日本選手権20km競歩は2月19日、男子は8時50分、女子は10時35分にスタート。レースの模様はライブ配信される予定だ。

2月19日に第106回日本選手権20km競歩が兵庫・六甲アイランドで行われる。ブダペスト世界選手権代表を懸けたレース。特に男子は文字通り“世界一熾烈”と言えるほど、世界が注目する一戦となる。 2019年ドーハ、22年オレゴンと世界選手権を連覇している山西利和(愛知製鋼)は出場を見送り。ディフェンディング・チャンピオンに与えられる「ワイルドカード」により、すでにブダペスト世界選手権の代表権を持つだけに、「冬季練習で少しもたついた」ため、大事をとったかたち。焦りはない。 世界王者不在のなか、優勝候補筆頭は池田向希(旭化成)か。21年東京五輪では日本人最上位の銀メダル、オレゴン世界選手権では山西に次ぐ銀メダルと、世界トップウォーカーの一人だ。意外にも日本選手権の優勝はなく、初優勝なるか。オレゴンの結果により、参加標準記録(1時間20分10秒)を突破すれば内定となる。 それ以外の選手は日本陸連が定める派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破して池田を除く最上位となれば世界選手権代表に内定する。 日本選手権で無類の強さを誇るのが髙橋英輝(富士通)で、これまでこの種目最多6度の優勝を誇る。世界選手権に4度出場している髙橋も30歳とベテランの域に入ったが、昨年も1時間29分04秒で制して世界選手権内定を勝ち取るなど、勝負強さは健在。7度目の王座と5度目の世界選手権切符を狙う。 もう一人、注目なのが川野将虎(旭化成)だろう。東京五輪50km競歩6位、オレゴン世界選手権35km競歩銀メダル。長い距離で実績を残しているが、東洋大時代には20kmでも1時間17分24秒の学生記録を樹立している。20km競歩は2年ぶりで、同種目の日本選手権出場は学生記録樹立時以来、4年ぶり。磨きをかけたスタミナやスピード持久力で一気に初Vもあり得る。 同じく世界選手権代表組では、20km競歩で8位入賞を果たした住所大翔(順大院)も上位候補。また、同35km競歩代表の松永大介(富士通)、野田明宏(自衛隊体育学校)、丸尾知司(愛知製鋼)も出場を予定している。特に松永は20km競歩でリオ五輪入賞の実績があり、スピードは世界でも屈指。長くケガに苦しんだが、ようやく本領を発揮してきた。 他ではスピードが武器の古賀友太(大塚製薬)も力がある。歩型にやや課題があったが、昨年10月には栃木国体10000m競歩で池田に次ぐ2位、全日本競歩高畠大会20km競歩を制するなど安定感が出てきた。 この辺りが上位争いを繰り広げることになる。世界王者不在とは言え、世界トップウォーカーが激突する一戦となりそうだ。 女子のブダペスト世界選手権派遣設定記録1時間28分30秒。これを切って優勝すれば代表に内定だが、このタイムを越えたことがあるのは日本記録(1時間27分41秒)保持者の岡田久美子(富士通)と、2009年に当時日本記録の1時間28分03秒を出した渕瀬真寿美(建装工業)の2人だけ。一筋縄ではいかないだろう。 破れる可能性があるのは岡田と、ドーハ・オレゴンと世界選手権2大会入賞の藤井菜々子(エディオン)で、今回も2人の一騎打ちが予想される。 2人からやや離されるが、35km競歩で世界選手権に出場した園田世玲奈(NTN)は昨年の国体5000m競歩も優勝するなど、スピードに磨きをかけている。河添香織(自衛隊体育学校)や伸び盛りの内藤未唯(神奈川大)、日本インカレ10000m競歩優勝・梅野倖子(順大)も有力。U20世界選手権10000m競歩銅メダリスト・柳井綾音(立命大)の初20kmにも注目だ。 併催されるU20にも、男子10kmは下池将多郎(鹿児島工高3鹿児島)や女子10kmにはU20世界選手権銀メダルの大山藍(鹿児島女高2鹿児島)ら若きトップウォーカーが集結する。 ブダペスト世界選手権、さらには来年に控えるパリ五輪も視野に入る大事な一戦。日本選手権20km競歩は2月19日、男子は8時50分、女子は10時35分にスタート。レースの模様はライブ配信される予定だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top