HOME 高校

2023.02.15

吉岡大翔“高校最後”の日本代表 世界クロカンへ「楽しみたい」今季は世界陸上視野すでに順大で練習
吉岡大翔“高校最後”の日本代表 世界クロカンへ「楽しみたい」今季は世界陸上視野すでに順大で練習

世界クロカンに向けて出国した吉岡大翔

2月18日に豪州・バサーストで開催される世界クロスカントリー選手権の出場に向けて、日本代表選手団が出国。選手たちが会見に応じた。

U20男子(8km)に出場する吉岡大翔(佐久長聖高3長野)にとっては、高校最後の日本代表となる。

昨年5000mで高校記録(13分22秒99)を樹立した吉岡。すでに1月末に高校の寮を退寮し、進学先である順大で三浦龍司らと練習している。「まったく違うメニューで、歩くのもやっとなくらい筋肉痛になります。慣れるのに大変」と笑う。

クロカンに向けた調整はできていないが、高校時代からクロカンコースで練習してきただけあり、「得意なほう。後半まで脚が残せる」と自信を持つ。

3000m障害世界トップランナーの三浦と時間をともにし、「動き一つでもきれいで、バネがついているよう」と目を輝かせ、「何かあれば相談して」と言われたともいう。

アフリカ勢を中心に、同世代のトップランナーが集う大会。昨年のU20世界選手権5000mでは7位入賞を果たしたが「ラストでついていけなかった」と今も悔しさがある。それをベースに「その時(7位)以上を」と目標を掲げた。

レース展開については「イメージできない」が、臨機応変に対応できるのも吉岡の持ち味。「日本代表なので上を目指しつつ、タイム、順位に関係なく楽める大会。宿舎や食事なども含めて、自分の中の引き出しを増やしたい」と語る。

大学1年目となる今年、最大目標に置くのはブダペスト世界選手権。5000mの参加標準記録は日本記録(13分08秒40)よりも高い13分07秒00だが、「ここから世界大会が続くので、一つでも多く出られるようにしたいです。日本記録、12分台も目指していきたい」と飽くなき向上心を持つ。

まずは同世代の世界を相手に、自分の力をぶつけるつもりだ。

◇ダイヤモンドアスリート・澤田結弥「思い切って海外選手と勝負したい」

女子1500mで昨年のU20世界選手権6位入賞で、日本陸連ダイヤモンドアスリートの澤田結弥(浜松市立高2静岡)もU20女子(6km)で代表入り。

「クロカンは初めて」だというが、この大会に向けて中学生の妹の付き添いで滋賀のクロカンコースを走ったり、自宅の近くの芝生道を走ったりしたそうで、「苦手だと思っていましたが普通に走れました」と苦手意識を払拭した。

「自分の走りをして、思い切ってケニアやエチオピアなど海外選手と勝負したいです」と力強く目標を語った。

2月18日に豪州・バサーストで開催される世界クロスカントリー選手権の出場に向けて、日本代表選手団が出国。選手たちが会見に応じた。 U20男子(8km)に出場する吉岡大翔(佐久長聖高3長野)にとっては、高校最後の日本代表となる。 昨年5000mで高校記録(13分22秒99)を樹立した吉岡。すでに1月末に高校の寮を退寮し、進学先である順大で三浦龍司らと練習している。「まったく違うメニューで、歩くのもやっとなくらい筋肉痛になります。慣れるのに大変」と笑う。 クロカンに向けた調整はできていないが、高校時代からクロカンコースで練習してきただけあり、「得意なほう。後半まで脚が残せる」と自信を持つ。 3000m障害世界トップランナーの三浦と時間をともにし、「動き一つでもきれいで、バネがついているよう」と目を輝かせ、「何かあれば相談して」と言われたともいう。 アフリカ勢を中心に、同世代のトップランナーが集う大会。昨年のU20世界選手権5000mでは7位入賞を果たしたが「ラストでついていけなかった」と今も悔しさがある。それをベースに「その時(7位)以上を」と目標を掲げた。 レース展開については「イメージできない」が、臨機応変に対応できるのも吉岡の持ち味。「日本代表なので上を目指しつつ、タイム、順位に関係なく楽める大会。宿舎や食事なども含めて、自分の中の引き出しを増やしたい」と語る。 大学1年目となる今年、最大目標に置くのはブダペスト世界選手権。5000mの参加標準記録は日本記録(13分08秒40)よりも高い13分07秒00だが、「ここから世界大会が続くので、一つでも多く出られるようにしたいです。日本記録、12分台も目指していきたい」と飽くなき向上心を持つ。 まずは同世代の世界を相手に、自分の力をぶつけるつもりだ。 ◇ダイヤモンドアスリート・澤田結弥「思い切って海外選手と勝負したい」 女子1500mで昨年のU20世界選手権6位入賞で、日本陸連ダイヤモンドアスリートの澤田結弥(浜松市立高2静岡)もU20女子(6km)で代表入り。 「クロカンは初めて」だというが、この大会に向けて中学生の妹の付き添いで滋賀のクロカンコースを走ったり、自宅の近くの芝生道を走ったりしたそうで、「苦手だと思っていましたが普通に走れました」と苦手意識を払拭した。 「自分の走りをして、思い切ってケニアやエチオピアなど海外選手と勝負したいです」と力強く目標を語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top