HOME お役立ち情報

2023.01.16

【パパママ応援団】川上聡さん、光恵さん「応援サイドは紫外線対策が必須です!」
【パパママ応援団】川上聡さん、光恵さん「応援サイドは紫外線対策が必須です!」

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

第7回目は、元400mハードル選手だった父を持つ川上陸哉君とご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第7回 川上聡さん、光恵さん/陸哉君(中3)「応援サイドは紫外線対策が必須です!」

家族メモ
小学5年生から陸上に取り組み、400mハードルを専門としていた父(聡さん)と、バスケットボールやバレーボール経験のある母(光恵さん)というスポーツ一家。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

小学生低学年の頃は、内向的で人と関わることに苦手意識がありました。陸上を始めてからは、自信がつき、ポジティブに物事を考えられるようになったと思います。他校の友達も増えましたし、集中力や持久力がつき、部活以外にも自発的に練習をしています。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

栄養学などであれこれ良いと聞かされるとすぐに取り入れています。どうしてもお肉中心になってしまいますが、野菜もしっかりとるように意識しています。好き嫌いがないので、作る側としてはとてもありがたいです。「勝負メシ」ではありませんが、大会が終われば勝っても負けても焼き肉です。

試合後の焼き肉!

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること

汗をたくさんかくので、とにかく早く洗うようにしています。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは?

屋外スポーツなので、夏の炎天下での練習や大会では熱中症が心配……。応援サイドは紫外線対策が必須です。また、ケガをしないようにいつも心配しています。

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

息子からの情報がメインです。息子は顧問の先生や先輩、友達、雑誌、YouTubeから情報を得ているようです。いろいろな大会の映像を繰り返し見ているので、一緒に見ることもあります。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか

週に2回程度塾に通っていますが、すべての大会が終わるまでは、陸上がメインでした。今は受験生なので勉強主体でがんばっています。好きな陸上を長く続けていくためには、勉強も必要であることを伝えています。

Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか?

陸上を主体に大学進学も望んでいるようですので、本人の意志を尊重したいと思っています。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは?

大会が終わった後は必ず感想を聞くようにしていますが、帰ってきた時の表情で声の掛け方を変えています。こちらが感想を伝える時には、落ち込まないように気持ちの面を配慮しています。

Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします!

親も一緒になって楽しむことが大事だと思います。子供たちは熱中症予防、応援サイドは紫外線対策が欠かせません。

川上陸哉 君(浜山中3島根)

種目&自己記録
100m 11秒60
200m 23秒75

Q.陸上を始めたきっかけ
小学4年生の頃、友達に誘われて陸上を始めました。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
たくさんの人と交流するので、友達が増えました。人見知りでしたが、気持ちの面で成長できたと思います。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
桐生祥秀選手(日本生命)、ヨハン・ブレイク選手(ジャマイカ)、アンドレ・ドグラス選手(カナダ)、ノア・ライルズ選手(米国)

Q.今後の目標
インターハイで100m10秒50を出す!

※情報は2023年1月16日時点

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第7回目は、元400mハードル選手だった父を持つ川上陸哉君とご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第7回 川上聡さん、光恵さん/陸哉君(中3)「応援サイドは紫外線対策が必須です!」

家族メモ 小学5年生から陸上に取り組み、400mハードルを専門としていた父(聡さん)と、バスケットボールやバレーボール経験のある母(光恵さん)というスポーツ一家。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 小学生低学年の頃は、内向的で人と関わることに苦手意識がありました。陸上を始めてからは、自信がつき、ポジティブに物事を考えられるようになったと思います。他校の友達も増えましたし、集中力や持久力がつき、部活以外にも自発的に練習をしています。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 栄養学などであれこれ良いと聞かされるとすぐに取り入れています。どうしてもお肉中心になってしまいますが、野菜もしっかりとるように意識しています。好き嫌いがないので、作る側としてはとてもありがたいです。「勝負メシ」ではありませんが、大会が終われば勝っても負けても焼き肉です。 [caption id="attachment_91154" align="alignnone" width="1477"] 試合後の焼き肉![/caption] Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること 汗をたくさんかくので、とにかく早く洗うようにしています。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは? 屋外スポーツなので、夏の炎天下での練習や大会では熱中症が心配……。応援サイドは紫外線対策が必須です。また、ケガをしないようにいつも心配しています。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 息子からの情報がメインです。息子は顧問の先生や先輩、友達、雑誌、YouTubeから情報を得ているようです。いろいろな大会の映像を繰り返し見ているので、一緒に見ることもあります。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか 週に2回程度塾に通っていますが、すべての大会が終わるまでは、陸上がメインでした。今は受験生なので勉強主体でがんばっています。好きな陸上を長く続けていくためには、勉強も必要であることを伝えています。 Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか? 陸上を主体に大学進学も望んでいるようですので、本人の意志を尊重したいと思っています。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは? 大会が終わった後は必ず感想を聞くようにしていますが、帰ってきた時の表情で声の掛け方を変えています。こちらが感想を伝える時には、落ち込まないように気持ちの面を配慮しています。 Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします! 親も一緒になって楽しむことが大事だと思います。子供たちは熱中症予防、応援サイドは紫外線対策が欠かせません。 川上陸哉 君(浜山中3島根) 種目&自己記録 100m 11秒60 200m 23秒75 Q.陸上を始めたきっかけ 小学4年生の頃、友達に誘われて陸上を始めました。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと たくさんの人と交流するので、友達が増えました。人見知りでしたが、気持ちの面で成長できたと思います。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 桐生祥秀選手(日本生命)、ヨハン・ブレイク選手(ジャマイカ)、アンドレ・ドグラス選手(カナダ)、ノア・ライルズ選手(米国) Q.今後の目標 インターハイで100m10秒50を出す! ※情報は2023年1月16日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top