HOME 高校

2022.11.16

新潟県高校駅伝で男子2位の中越が「誤誘導」で抗議も県高体連は「運営は適切」と救済措置なし
新潟県高校駅伝で男子2位の中越が「誤誘導」で抗議も県高体連は「運営は適切」と救済措置なし

新潟市のデンカビッグスワン

新潟市で10月28日に行われた新潟県高校駅伝で、男子(7区間42.195km)2位の中越が3区で運営ミスがあったとして新潟県高等学校体育連盟(高体連)に抗議したことが明らかになり、県高体連は11月15日までに「運営は適切に行われた」と回答。救済措置はないと中越に伝えたことが分かった。

大会は新潟市のデンカビッグスワンスタジアムを発着とした、同スタジアムがある新潟県スポーツ公園内を周回するコースで実施。このコースでの高校駅伝は昨年から行われ、今年で2回目だった。

中越によると、男子の3区で自転車に乗った先導係がコースを誤って誘導したとして、先頭を走っていた中越の選手が本来の距離よりも約200m長く走ったという。最終的に中越は優勝校から12秒遅れてフィニッシュし、県4連覇を逃した。

中越はレース翌日の10月29日に口頭で県高体連陸上競技専門部長に抗議。31日には抗議文書を県高体連に送付し、再レースの実施や謝罪のほか、場合によっては寛大な救済措置をも求めた。

これを受けて11月7日、県高体連は中越を訪れ、競技規則に基づき、結果の正式発表後30分以内に抗議が行わなかったことから、競技は成立していると回答。さらに、調査を行ったところ、先導係は周回遅れの選手と先頭を走っている中越の選手の接触を防ごうと、本来とは異なる方向に進んだとし、先導係は走路の安全を確保することが役割で、誘導が含まれていないとして、運営ミスはなかったと伝えた。

中越は納得行く回答が得られなかったとして、県高体連に事態解決を要望。11月15日に県高体連は中越を再び訪れ、運営は適切に行われ、成績に変更はないことを回答した。また、再調査を行い、現場にいた複数の競技役員が3区選手の間違いに気づいて、大声で誘導したとも説明した。

中越は翌16日にホームページを更新。「県高体連の調査結果と本校調査では事実が異なるため、受け入れられない。先導員(先導係)は間違ったという認識があった」「3区レース中において、本校の選手が先導員とともにコースを逸脱した際に競技役員が大声で誘導したという事実はない。後続の選手は誘導を受けており、やはり不公平である」との見解を示した。再度、抗議したものの、新潟県高体連は受け入れなかったとしている。

また、中越は11月8日に文科省やスポーツ庁、日本陸連、全国高体連に教育的な見地から全国大会への救済などを盛り込んだ嘆願書を提出したが、文科省とスポーツ庁は「当事者の間で解決してもらいたい」と回答。全国高体連は「大会の運営は、新潟県高体連の判断で行われたものであり、全国高体連が直接関与できるものではない。なお、新潟県高等学校体育連盟から聞き取った情報では、運営に不適切な点はなかったと聞いている」とした。日本陸連は「指定された11月15日までに回答ができない。近日中に回答する」としている。

中越は今後の対応について未定。渡辺裕人監督は「選手のことを思うと憤りを感じ、無念です。ただ優勝チームを認めないわけではなく、良いライバルだったからこそ、私たちも成長できました」と話した。

県高体連では「調査の結果、運営はルールにのっとって適切に行われました」としている。

新潟市で10月28日に行われた新潟県高校駅伝で、男子(7区間42.195km)2位の中越が3区で運営ミスがあったとして新潟県高等学校体育連盟(高体連)に抗議したことが明らかになり、県高体連は11月15日までに「運営は適切に行われた」と回答。救済措置はないと中越に伝えたことが分かった。 大会は新潟市のデンカビッグスワンスタジアムを発着とした、同スタジアムがある新潟県スポーツ公園内を周回するコースで実施。このコースでの高校駅伝は昨年から行われ、今年で2回目だった。 中越によると、男子の3区で自転車に乗った先導係がコースを誤って誘導したとして、先頭を走っていた中越の選手が本来の距離よりも約200m長く走ったという。最終的に中越は優勝校から12秒遅れてフィニッシュし、県4連覇を逃した。 中越はレース翌日の10月29日に口頭で県高体連陸上競技専門部長に抗議。31日には抗議文書を県高体連に送付し、再レースの実施や謝罪のほか、場合によっては寛大な救済措置をも求めた。 これを受けて11月7日、県高体連は中越を訪れ、競技規則に基づき、結果の正式発表後30分以内に抗議が行わなかったことから、競技は成立していると回答。さらに、調査を行ったところ、先導係は周回遅れの選手と先頭を走っている中越の選手の接触を防ごうと、本来とは異なる方向に進んだとし、先導係は走路の安全を確保することが役割で、誘導が含まれていないとして、運営ミスはなかったと伝えた。 中越は納得行く回答が得られなかったとして、県高体連に事態解決を要望。11月15日に県高体連は中越を再び訪れ、運営は適切に行われ、成績に変更はないことを回答した。また、再調査を行い、現場にいた複数の競技役員が3区選手の間違いに気づいて、大声で誘導したとも説明した。 中越は翌16日にホームページを更新。「県高体連の調査結果と本校調査では事実が異なるため、受け入れられない。先導員(先導係)は間違ったという認識があった」「3区レース中において、本校の選手が先導員とともにコースを逸脱した際に競技役員が大声で誘導したという事実はない。後続の選手は誘導を受けており、やはり不公平である」との見解を示した。再度、抗議したものの、新潟県高体連は受け入れなかったとしている。 また、中越は11月8日に文科省やスポーツ庁、日本陸連、全国高体連に教育的な見地から全国大会への救済などを盛り込んだ嘆願書を提出したが、文科省とスポーツ庁は「当事者の間で解決してもらいたい」と回答。全国高体連は「大会の運営は、新潟県高体連の判断で行われたものであり、全国高体連が直接関与できるものではない。なお、新潟県高等学校体育連盟から聞き取った情報では、運営に不適切な点はなかったと聞いている」とした。日本陸連は「指定された11月15日までに回答ができない。近日中に回答する」としている。 中越は今後の対応について未定。渡辺裕人監督は「選手のことを思うと憤りを感じ、無念です。ただ優勝チームを認めないわけではなく、良いライバルだったからこそ、私たちも成長できました」と話した。 県高体連では「調査の結果、運営はルールにのっとって適切に行われました」としている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top