HOME 高校

2022.11.07

オール区間賞の立命館宇治が全国連続出場を34に 男子は3区トップ浮上の洛南が8連覇/京都府高校駅伝
オール区間賞の立命館宇治が全国連続出場を34に 男子は3区トップ浮上の洛南が8連覇/京都府高校駅伝

京都府高校駅伝は11月6日、府立丹波自然運動公園高校駅伝コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は昨年の全国大会4位の立命館宇治がオール区間賞の1時間10分04秒で第1回大会から皆勤となる34年連続34回目の全国大会出場を達成。男子(7区間42.195km)は3区でトップに立った洛南が2時間07分18秒で8年連続29回目の優勝を果たした。

午前中に行われた女子は、1区(6km)を務めた主将の細谷愛子(3年)が「自分のペースで押していこうと思って走りました」と1㎞を3分13秒で入ると、そのまま独走態勢を築く。19分49秒で2位の京都光華に25秒差をつけた。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の全国大会で5区6位と好走した2区の太田咲雪(3年)が後続との差を広げると、3~5区を任された2年生の池田悠音、深田望友、山本釉未はいずれも府大会初出場ながら危なげない走りを見せて、2位の京都外大西と3分11秒差をつける圧勝劇だった。

10月のくらよし女子駅伝で3区区間賞を獲得した瀨川藍(3年)をあえて外したオーダーで快勝した立命館宇治。「数年ぶりに層が厚いチームができた」と荻野由信総監督はチームの仕上がりに自信を見せている。今回は2、3年生のオーダーで挑んだが、1年生も順調に力をつけており、レギュラー争いは激しくなりそうだ。

「チーム15人全員で全国優勝を勝ち取りたい」と意気込む細谷。3000mの自己ベストで4人が9分10秒台の記録を持つ充実の布陣で10年ぶりの全国制覇を目指す。

午後に行われた男子は、洛北の三宅勇希(2年)が29分44秒で1区(10km)の区間賞を獲得し、洛南の岡田開成(2年)は43秒差の4位と出遅れる。それでも2区(3km)の浅川侑大(3年)が8分16秒の区間タイの快走で追い上げると、3区で主将の柴田大地(3年)が中継所手前で京都外大西を交わして先頭に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

「2区、3区の3年生が落ち着いて順位を確保してくれたので、4区以降は安心して見られました」と奥村隆太郎監督。4区の並川颯太(2年)で独走態勢に入ると、5~7区の井上朋哉(1年)、髙木崚平(2年)、西澤マハロ(3年)が3区間連続で区間新記録をマークして後続との差を広げた。

1500m、3000m、5000mで高校記録を樹立した佐藤圭汰(駒大)が卒業して絶対的エースが不在の今年だが、「層の厚さに関しては昨年と遜色ない」と奥村監督は話す。今回出走した選手以外にも1500m中学記録保持者の川口峻太朗(1年)など力のある選手は複数おり、3年連続の全国3位以内も視界に入ってきそうだ。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/馬場 遼

広告の下にコンテンツが続きます
京都府高校駅伝は11月6日、府立丹波自然運動公園高校駅伝コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は昨年の全国大会4位の立命館宇治がオール区間賞の1時間10分04秒で第1回大会から皆勤となる34年連続34回目の全国大会出場を達成。男子(7区間42.195km)は3区でトップに立った洛南が2時間07分18秒で8年連続29回目の優勝を果たした。 午前中に行われた女子は、1区(6km)を務めた主将の細谷愛子(3年)が「自分のペースで押していこうと思って走りました」と1㎞を3分13秒で入ると、そのまま独走態勢を築く。19分49秒で2位の京都光華に25秒差をつけた。 昨年の全国大会で5区6位と好走した2区の太田咲雪(3年)が後続との差を広げると、3~5区を任された2年生の池田悠音、深田望友、山本釉未はいずれも府大会初出場ながら危なげない走りを見せて、2位の京都外大西と3分11秒差をつける圧勝劇だった。 10月のくらよし女子駅伝で3区区間賞を獲得した瀨川藍(3年)をあえて外したオーダーで快勝した立命館宇治。「数年ぶりに層が厚いチームができた」と荻野由信総監督はチームの仕上がりに自信を見せている。今回は2、3年生のオーダーで挑んだが、1年生も順調に力をつけており、レギュラー争いは激しくなりそうだ。 「チーム15人全員で全国優勝を勝ち取りたい」と意気込む細谷。3000mの自己ベストで4人が9分10秒台の記録を持つ充実の布陣で10年ぶりの全国制覇を目指す。 午後に行われた男子は、洛北の三宅勇希(2年)が29分44秒で1区(10km)の区間賞を獲得し、洛南の岡田開成(2年)は43秒差の4位と出遅れる。それでも2区(3km)の浅川侑大(3年)が8分16秒の区間タイの快走で追い上げると、3区で主将の柴田大地(3年)が中継所手前で京都外大西を交わして先頭に立った。 「2区、3区の3年生が落ち着いて順位を確保してくれたので、4区以降は安心して見られました」と奥村隆太郎監督。4区の並川颯太(2年)で独走態勢に入ると、5~7区の井上朋哉(1年)、髙木崚平(2年)、西澤マハロ(3年)が3区間連続で区間新記録をマークして後続との差を広げた。 1500m、3000m、5000mで高校記録を樹立した佐藤圭汰(駒大)が卒業して絶対的エースが不在の今年だが、「層の厚さに関しては昨年と遜色ない」と奥村監督は話す。今回出走した選手以外にも1500m中学記録保持者の川口峻太朗(1年)など力のある選手は複数おり、3年連続の全国3位以内も視界に入ってきそうだ。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/馬場 遼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top