HOME 国内

2022.10.28

橋岡優輝や大八木弘明監督も!等々力に総勢50人のトップ選手が集結 J1川崎フロンターレとコラボ
橋岡優輝や大八木弘明監督も!等々力に総勢50人のトップ選手が集結 J1川崎フロンターレとコラボ

サッカーJ1の川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日(土)のヴィッセル神戸戦で、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が開催される。

イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人に上る陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画されている。

関連会社でもある富士通からは今夏のオレゴン世界選手権代表の走幅跳・橋岡優輝(富士通)や400mハードル・岸本鷹幸、110mハードルの石川周平、競歩ブロックの松永大介髙橋英輝岡田久美子、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾ら豪華顔ぶれがそろう。フロンターレの選手名をもじって「走りソンリョン幅跳び」と題したチャレンジ企画や、30m競歩タイムアタックなど、トップ選手のデモンストレーションを間近で体感しつつ、参加者も挑戦できるようになっている。

さらに男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)、生粋のフロンターレサポーターでもある卜部欄(積水化学)などの他に、駒大の大八木弘明監督・京子夫婦も来場。大八木監督は柏原竜二さんたちとの「オトコだろ!箱根駅伝マル秘トーク」に参加する。駿河台大駅伝部のアトラクションでは、実際のスピードで走る選手への給水体験も。トークショーの他にもファンとの記念撮影会など触れ合うこともできる、まさに体感型の『新感覚』イベントとなっている。

イベントは等々力補助グラウンドや園内道路を使用。朝10時から14時30分頃まで行われ、入場は基本無料で一部アトラクションはチケット制や事前参加整理券が必要となる。なお、ヴィッセル神戸戦は15時キックオフで、観戦チケットは別途必要だ。詳細は川崎フロンターレのHPにてチェックできる。

サッカーJ1の川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日(土)のヴィッセル神戸戦で、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が開催される。 イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人に上る陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画されている。 関連会社でもある富士通からは今夏のオレゴン世界選手権代表の走幅跳・橋岡優輝(富士通)や400mハードル・岸本鷹幸、110mハードルの石川周平、競歩ブロックの松永大介、髙橋英輝、岡田久美子、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾ら豪華顔ぶれがそろう。フロンターレの選手名をもじって「走りソンリョン幅跳び」と題したチャレンジ企画や、30m競歩タイムアタックなど、トップ選手のデモンストレーションを間近で体感しつつ、参加者も挑戦できるようになっている。 さらに男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)、生粋のフロンターレサポーターでもある卜部欄(積水化学)などの他に、駒大の大八木弘明監督・京子夫婦も来場。大八木監督は柏原竜二さんたちとの「オトコだろ!箱根駅伝マル秘トーク」に参加する。駿河台大駅伝部のアトラクションでは、実際のスピードで走る選手への給水体験も。トークショーの他にもファンとの記念撮影会など触れ合うこともできる、まさに体感型の『新感覚』イベントとなっている。 イベントは等々力補助グラウンドや園内道路を使用。朝10時から14時30分頃まで行われ、入場は基本無料で一部アトラクションはチケット制や事前参加整理券が必要となる。なお、ヴィッセル神戸戦は15時キックオフで、観戦チケットは別途必要だ。詳細は川崎フロンターレのHPにてチェックできる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top