HOME 海外

2022.10.17

400mH世界記録保持者マクローリン「目標持つこと、あきらめないこと」
400mH世界記録保持者マクローリン「目標持つこと、あきらめないこと」

東京オリンピック・パラリンピック開催1周年記念イベントとなる「Thank you Tokyo!」が10月16日、東京・国立競技場で行われ、女子400mハードル世界記録保持者のシドニー・マクローリン(米国)らトップ選手が参加した。

お昼過ぎにマクローリンは男子やり投金メダリストのニーラジ・チョプラ(インド)、女子走高跳銀メダリストのニコラ・マクダーモット(豪州)とともにファンと交流するフォト撮影エリアへ。多くのファンと写真を撮影したり、サインに応じたりして交流を楽しんだ。その他の世界トップアスリートも同様にイベントに参加したが、まったく疲れた様子も見せずに応じている姿が印象的で、子供へのファンサービスは特に丁寧だった。

また、午後のセレモニーにも出席。小中学生へのメッセージを求められたマクローリンは、「目標を持つことが大切。あきらめず、昨日の自分よりも成長しようと思うこと。それを継続していけば、目標に近づけます」と答えていた。

マクローリンは1999年生まれの23歳。陸上一家に育ち、14歳にして全米ジュニア選手権で2位に入るなど早くから天才少女と謳われた。世界ユース選手権を15歳で制し、2016年リオ五輪には米国陸上チーム最年少の17歳で出場している。

昨年6月の全米選手権で女子初の52秒切りとなる51秒90の世界新を叩き出すと、東京五輪ではさらに記録を更新する51秒46で金メダルを獲得。今年の全米選手権でも51秒41と世界記録を塗り替えると、地元米国でのオレゴン世界選手権では女子初の51秒切りとなる50秒68の驚異的な世界新記録で優勝した。

東京オリンピック・パラリンピック開催1周年記念イベントとなる「Thank you Tokyo!」が10月16日、東京・国立競技場で行われ、女子400mハードル世界記録保持者のシドニー・マクローリン(米国)らトップ選手が参加した。 お昼過ぎにマクローリンは男子やり投金メダリストのニーラジ・チョプラ(インド)、女子走高跳銀メダリストのニコラ・マクダーモット(豪州)とともにファンと交流するフォト撮影エリアへ。多くのファンと写真を撮影したり、サインに応じたりして交流を楽しんだ。その他の世界トップアスリートも同様にイベントに参加したが、まったく疲れた様子も見せずに応じている姿が印象的で、子供へのファンサービスは特に丁寧だった。 また、午後のセレモニーにも出席。小中学生へのメッセージを求められたマクローリンは、「目標を持つことが大切。あきらめず、昨日の自分よりも成長しようと思うこと。それを継続していけば、目標に近づけます」と答えていた。 マクローリンは1999年生まれの23歳。陸上一家に育ち、14歳にして全米ジュニア選手権で2位に入るなど早くから天才少女と謳われた。世界ユース選手権を15歳で制し、2016年リオ五輪には米国陸上チーム最年少の17歳で出場している。 昨年6月の全米選手権で女子初の52秒切りとなる51秒90の世界新を叩き出すと、東京五輪ではさらに記録を更新する51秒46で金メダルを獲得。今年の全米選手権でも51秒41と世界記録を塗り替えると、地元米国でのオレゴン世界選手権では女子初の51秒切りとなる50秒68の驚異的な世界新記録で優勝した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top