HOME 高校

2022.10.07

大野聖登がインターハイに続く戴冠 「高校最後の800mだったので感謝の気持ちを込めて走りました」/栃木国体
大野聖登がインターハイに続く戴冠 「高校最後の800mだったので感謝の気持ちを込めて走りました」/栃木国体


◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)2日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会2日目の少年男子共通800mは大野聖登(秋田・秋田工高3)が、残り300mからのロングスパートを決めV。冷たい雨が激しく降るコンディションの中、夏のインターハイで800m、1500mの2種目を制している王者が、1分50秒75で今年3つめの全国タイトルを手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

夏の長髪から一転、気合の丸刈りで臨んだ大野。「高校最後の800mだったので1m、1m感謝の気持ちを込めて走りました」と、魂の走りでインターハイに続く3冠目を獲得した。「最後は死に物狂いで走りました。苦しかったけど、後半には自信がありました。優勝で秋田県に恩返しができてうれしいです」と笑顔が弾けた。

レースは、1分50秒19の高1歴代最高記録保持者の落合晃(滋賀・滋賀学園高)が「悔いのない走りをしようと思いました」とスタート直後から果敢に先頭に立ち、入りの400mを53秒で通過。「前半が53秒と少し速かったので、持ち味の後半を生かし、いつもより少し早めの残り300mから仕掛けて逃げ切ろうと思った通りのレースができました」と大野が話すように、前半こそ後方からのスタートとなったものの徐々に上位へ進出。残り1周の鐘がなった時点で2、3番手につけると、500m過ぎに一気にスパートを放つ。インターハイで4、5位に入っている立迫大徳(鹿児島・鹿児島城西高2)、小瀬堅大(埼玉・川口市立高3)が食らいつくも、そのまま逃げ切り歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。

「インターハイチャンピオンとして後輩には負けられなかった。800mは中2から始め、全国優勝など僕の世界を広げてくれた種目。最後は、脚が動かなくなりましたが走り切れてよかったです」と、喜びをかみしめた。

大野同様、3年生の意地を見せた小瀬が1分51秒30で2位、高2歴代3位(1分49秒58)のベストを持つ立迫が0秒50差の3位に続き、前半流れを作った落合は、後半に順位を落として8位に終わった。

広告の下にコンテンツが続きます

5000mでも昨年14分03秒26をマークしている大野。この後は舞台をトラックからロードに移し、都大路に挑むと言い、5000mで1、2位の「吉岡君(大翔・佐久長聖高3)や長嶋君(幸宝・西脇工高3)らに挑めるようがんばりたいです」と目を輝かせた。

文/花木 雫

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)2日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会2日目の少年男子共通800mは大野聖登(秋田・秋田工高3)が、残り300mからのロングスパートを決めV。冷たい雨が激しく降るコンディションの中、夏のインターハイで800m、1500mの2種目を制している王者が、1分50秒75で今年3つめの全国タイトルを手にした。 夏の長髪から一転、気合の丸刈りで臨んだ大野。「高校最後の800mだったので1m、1m感謝の気持ちを込めて走りました」と、魂の走りでインターハイに続く3冠目を獲得した。「最後は死に物狂いで走りました。苦しかったけど、後半には自信がありました。優勝で秋田県に恩返しができてうれしいです」と笑顔が弾けた。 レースは、1分50秒19の高1歴代最高記録保持者の落合晃(滋賀・滋賀学園高)が「悔いのない走りをしようと思いました」とスタート直後から果敢に先頭に立ち、入りの400mを53秒で通過。「前半が53秒と少し速かったので、持ち味の後半を生かし、いつもより少し早めの残り300mから仕掛けて逃げ切ろうと思った通りのレースができました」と大野が話すように、前半こそ後方からのスタートとなったものの徐々に上位へ進出。残り1周の鐘がなった時点で2、3番手につけると、500m過ぎに一気にスパートを放つ。インターハイで4、5位に入っている立迫大徳(鹿児島・鹿児島城西高2)、小瀬堅大(埼玉・川口市立高3)が食らいつくも、そのまま逃げ切り歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。 「インターハイチャンピオンとして後輩には負けられなかった。800mは中2から始め、全国優勝など僕の世界を広げてくれた種目。最後は、脚が動かなくなりましたが走り切れてよかったです」と、喜びをかみしめた。 大野同様、3年生の意地を見せた小瀬が1分51秒30で2位、高2歴代3位(1分49秒58)のベストを持つ立迫が0秒50差の3位に続き、前半流れを作った落合は、後半に順位を落として8位に終わった。 5000mでも昨年14分03秒26をマークしている大野。この後は舞台をトラックからロードに移し、都大路に挑むと言い、5000mで1、2位の「吉岡君(大翔・佐久長聖高3)や長嶋君(幸宝・西脇工高3)らに挑めるようがんばりたいです」と目を輝かせた。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top