HOME 国内、大学

2022.10.02

女子400mリレー・甲南大が44秒72で初優勝!予選のタイムさらに更新!男子は大東大が4年ぶりV/日本選手権リレー
女子400mリレー・甲南大が44秒72で初優勝!予選のタイムさらに更新!男子は大東大が4年ぶりV/日本選手権リレー

◇第106回日本選手権リレー(10月1日~2日/国立競技場)

日本選手権リレーの2日は、各種目の決勝を実施。女子4×100mリレーは甲南大が44秒72で初優勝を飾った。

予選で学生歴代3位の44秒74をマークしていた甲南大は、2~4走は東京五輪代表・青山華依、奥野由萌、井戸アビゲイル風果と同じメンバー。1走を4年生の下村日向子から1年生の岡根和奏に代わるオーダー臨んだ。

目標は日本一と、昨年の日本インカレで福岡大が出した学生記録44秒51の更新。ただ、3週間前の日本インカレで2走・青山から3走・奥野へのバトンパスにミスが出て、青山が転倒。結局、レーン侵害で失格となった流れがあり、青山は「バトンパスで不安があった」と明かし、まずは思い切ってバトンをつなぐことに集中した。

決勝はその通りに、流れるようにバトンをつなぐ。学生記録には届かなかったが、予選の記録を0.02秒更新し、日本インカレを含めても初の4継日本一の座をつかんだ。

岡根が「不安と緊張がすごかったけど、後ろに心強い3人がいたのでしっかり走ることができた」と言えば、青山も「昨日から44秒台で安定してつなぐことができた。(バトンの)不安は解消されました」と笑顔が弾けた。

奥野も「予選でしっかりとつなげて、決勝もそれができた。優勝して、タイムも良かったのでうれしいです」。アンカーの井戸は「目標の優勝ができて、記録も更新できたので良かったです」と笑顔で振り返った。

青山、井戸をはじめ、力のある選手がそろい、男子100mで10秒00の記録を持つ伊東浩司先生の指導を受けながら「練習で切磋琢磨できる環境があります」(青山)。今回のメンバーは1年生2人、2年生、3年生が1人ずつ。青山は「もっとバトンを改善できるし、そうしればタイムをもっと縮められる」ときっぱり語り、井戸は「さらにタイムを更新して、優勝も来年、再来年とつなげたい」と力強く語った。

男子は大東大がチーム記録の39秒05で、2018年以来4年ぶりの優勝を飾った。

アンカーの假屋直幹(4年)は「(2017年ロンドン世界選手権4×100mリレー銅メダルの)白石黄良々(現・セレスポ)先輩がいた2018年以来の日本一。それを見て入学した学年で、最後の最後に日本一が取れて良かった」と話した。同じ4年生の3走・平野翔大も「1年の時からずっと勝てるメンバーと言われてきた。最後の日本選手権リレーも日本一の目標をぶれずにやってきたので、うれしいです」と笑顔を浮かべた。

1走の深川真平(3年)は「4年生たちを優勝させたいという思いで走りました」と抜群のスタートダッシュを決め、100m10秒27を持つ2走の守祐陽(1年)は「入学した時から『日本一』と言われていて、そこについていきました」と、エースとして優勝に貢献した。

3走、4走を担った4年生2人は「来年は2人が残るし、1年生にも強い選手がいます。安心して後を託せるので、スプリントの強い大東を作っていってほしい」と、後輩たちにエールを送った。

◇第106回日本選手権リレー(10月1日~2日/国立競技場) 日本選手権リレーの2日は、各種目の決勝を実施。女子4×100mリレーは甲南大が44秒72で初優勝を飾った。 予選で学生歴代3位の44秒74をマークしていた甲南大は、2~4走は東京五輪代表・青山華依、奥野由萌、井戸アビゲイル風果と同じメンバー。1走を4年生の下村日向子から1年生の岡根和奏に代わるオーダー臨んだ。 目標は日本一と、昨年の日本インカレで福岡大が出した学生記録44秒51の更新。ただ、3週間前の日本インカレで2走・青山から3走・奥野へのバトンパスにミスが出て、青山が転倒。結局、レーン侵害で失格となった流れがあり、青山は「バトンパスで不安があった」と明かし、まずは思い切ってバトンをつなぐことに集中した。 決勝はその通りに、流れるようにバトンをつなぐ。学生記録には届かなかったが、予選の記録を0.02秒更新し、日本インカレを含めても初の4継日本一の座をつかんだ。 岡根が「不安と緊張がすごかったけど、後ろに心強い3人がいたのでしっかり走ることができた」と言えば、青山も「昨日から44秒台で安定してつなぐことができた。(バトンの)不安は解消されました」と笑顔が弾けた。 奥野も「予選でしっかりとつなげて、決勝もそれができた。優勝して、タイムも良かったのでうれしいです」。アンカーの井戸は「目標の優勝ができて、記録も更新できたので良かったです」と笑顔で振り返った。 青山、井戸をはじめ、力のある選手がそろい、男子100mで10秒00の記録を持つ伊東浩司先生の指導を受けながら「練習で切磋琢磨できる環境があります」(青山)。今回のメンバーは1年生2人、2年生、3年生が1人ずつ。青山は「もっとバトンを改善できるし、そうしればタイムをもっと縮められる」ときっぱり語り、井戸は「さらにタイムを更新して、優勝も来年、再来年とつなげたい」と力強く語った。 男子は大東大がチーム記録の39秒05で、2018年以来4年ぶりの優勝を飾った。 アンカーの假屋直幹(4年)は「(2017年ロンドン世界選手権4×100mリレー銅メダルの)白石黄良々(現・セレスポ)先輩がいた2018年以来の日本一。それを見て入学した学年で、最後の最後に日本一が取れて良かった」と話した。同じ4年生の3走・平野翔大も「1年の時からずっと勝てるメンバーと言われてきた。最後の日本選手権リレーも日本一の目標をぶれずにやってきたので、うれしいです」と笑顔を浮かべた。 1走の深川真平(3年)は「4年生たちを優勝させたいという思いで走りました」と抜群のスタートダッシュを決め、100m10秒27を持つ2走の守祐陽(1年)は「入学した時から『日本一』と言われていて、そこについていきました」と、エースとして優勝に貢献した。 3走、4走を担った4年生2人は「来年は2人が残るし、1年生にも強い選手がいます。安心して後を託せるので、スプリントの強い大東を作っていってほしい」と、後輩たちにエールを送った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top