月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本は過去最多タイのメダル4個&入賞5!20km競歩でワンツー、北口が女子やり投初メダル、日本新3つ誕生/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)

現地7月15日から24日に行われたオレゴン世界陸上の全日程が終了した。

日本代表は2003年パリ大会に並ぶメダル4つを獲得。男子20km競歩では山西利和(愛知製鋼)がドーハ大会に続く連覇、東京五輪銀メダルの池田向希(旭化成)が世界大会連続銀メダルとなり、日本勢が全種目を通じて初のワンツーを果たした。

また、最終日には初実施種目の男子35km競歩で川野将虎(旭化成)が銀メダルを獲得。50kmから続くメダルを死守した。女子やり投では北口榛花(JAL)が銅メダルを獲得。女子フィールド種目初メダルの快挙だった。

入賞は5つ。男子100mではサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が日本初の決勝進出。10秒06(-0.1)で7位に入った。また、同走高跳でも真野友博(九電工)が初出場ながら、日本初の決勝で8位入賞を果たしている。

メダル2つの20km競歩では住所大翔(順大院)も8位に食い込んでいる。また、女子20kmでも藤井菜々子(エディオン)が前回(7位)に続く6位と連続入賞。最終日の男子4×400mリレーも決勝に進出し、佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)で2分59秒51のアジア新を樹立して4位に入った。マイルリレーの4位は2003年パリ大会以来19年ぶりに決勝進出で、2004年アテネ五輪(4位)以来、18年ぶりの世界大会入賞だった。

日本新記録が3つ誕生。上記の男子4×400mリレーの他に、女子4×100mリレーで43秒33をマーク。青木益未(七十七銀行)、君嶋愛梨沙(土木管理総合)、兒玉芽生(ミズノ)、御家瀬緑(住友電工)のオーダーで樹立した。同100mハードルでは福部真子(日本建設工業)が準決勝で12秒82(+0.9)をマークしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com