月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

米国が4×400mR2大会連続男女V!!女子は3連覇でフェックスに14個目の金メダル!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた4×400mリレー決勝。米国が2大会連続の男女を飾り、初めての米国開催だった世界陸上を見事に締めくくった。

今回大会は男子、女子の順でタイムテーブルが設定され、先に行われた男子は2走に400m金メダリストのマイケル・ノーマンを起用して前半から主導権を握りにいった。狙い通りに1走の全米4位エリジャ・ゴドウィンがトップでノーマンにバトンを渡すと、ノーマンが段違いのスピードで抜け出す。

その後は昨年の東京五輪でも同じ3走を務めて金メダルに貢献したバイス・デッドモン、今大会400m4位のチャンピオン・アリソンが悠々と逃げ切り、パフォーマンス世界歴代9位の2分56秒17で2連覇を飾った。

総勢151人(大会前発表時)という大選手団を編成した米国チームのラストを締めくくる女子決勝の4人は、1走からタリシャ・ディッグス、アビー・シュタイナー、ブリットン.ウィルソン、そしてシドニー・マクラフリン。

19歳にして全米選手権と全米学生選手権2冠に輝いたディッグスがトップ争いでバトンをつなぎ、スタイナーが今大会の200m5位入賞のスピードを生かして混戦から抜け出す。400m5位のウィルソンもトップをしっかりとキープした。

そして、400mハードルで50秒68という驚異的な世界新記録を打ち立てたマクラフリンが、ラップ47秒91という圧巻の走りでまとめ、パフォーマンス世界歴代9位の3分17秒79で地元世界陸上の有終の美を飾った。

決勝の出番はなかったが、予選に出場したアリソン・フェリックスもこれで通算14個目の金メダルを手にすることになった。今季限りでの引退を表明し、7個の五輪金メダルをはじめ女子スプリント史にその名を刻んだレジェンドに、米国チームは最後の金メダルをプレゼントし、最高の花道を作った。

■男子4×400mR上位成績
1位 米 国       2分56秒17
(E.ゴッドウィン、M.ノーマン、B.デッドモン、C.アリソン)
2位 ジャマイカ     2分58秒58
3位 ベルギー      2分58秒72
4位 日 本       2分59秒51=アジア新
(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)
5位 トリニダードトバゴ 3分00秒03
5位 ボツワナ      3分00秒14
7位 フランス      3分01秒35
8位 チェコ       3分01秒63

■女子4×400mR上位成績
1位 米 国    3分17秒79
(T.ディッグス、A.シュタイナー、B.ウィルソン、S.マクラフリン)
2位 ジャマイカ 3分20秒74
3位 英 国   3分22秒64
4位 カナダ   3分25秒18
5位 フランス  3分25秒81
5位 ベルギー  3分26秒29
7位 イタリア  3分26秒45
8位 チェコ   3分27秒81

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com