HOME インフォ

2022.07.11

【イベント】アシックスがレースイベントを開催 関東地区は立大の上野監督が制覇!
【イベント】アシックスがレースイベントを開催 関東地区は立大の上野監督が制覇!


アシックスジャパンが主催し、一般ランナーが5000mのタイムを競うレースイベント「META:Time:Trials JAPAN Series(メタ・タイム・トライアル ジャパンシリーズ)」の関東地区予選会が7月10日、東京都江東区の夢の島競技場で開催された。

「META:Time:Trials JAPAN Series」は全国6地区で行われる予選会と、バーチャル部門を合わせた各大会の男女上位3人が決勝大会に進出できるトーナメント形式のイベント。「大人の挑戦が、いま始まる。」をコンセプトに、走力に自信のあるランナーが楽しく参加できる大会として立ち上げられた。

広告の下にコンテンツが続きます

関東地区予選会は気温30度を超える暑さとなったが、全10組の5000mレース(記録は非公認)に322人が出場。女子マラソンで五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんがゲストとして登場し、インフルエンサーがゲストランナーを務めて会場を盛り上げた。

五輪メダリストの有森裕子さんがゲストとして登場。時には伴走もしてランナーを激励した

会場ではアシックスのレーシングシューズ「METASPEED(メタスピード)」シリーズの試着も実施。なお、決勝大会は出場者全員が「METASPEED+(メタスピードプラス)」シリーズを着用する

組が進むごとに出場選手のレベルが上がり、18時20分スタートの最終10組には元実業団選手や箱根駅伝経験者など有力選手が集結。なかでも注目は2009年の日本選手権覇者で、同年のベルリン世界選手権にも出場した上野裕一郎選手(立大駅伝監督)。「いつもは(学生を)引っ張ることが多いので、たまには好きなように走りたかった」と序盤は集団の中でレースを進めたが、2000m過ぎに抜け出すと以降は独走。最後の400mは60秒、同200mは26秒でカバーして14分12秒2で悠々とトップを占めた。

14分12秒2でトップを占めた上野裕一郎選手

決勝大会へのキップ「3」を懸けた争いは最後の1周までもつれ込み、ラストスパートの勝負に。2位の滑和也選手が14分26秒3、3位の松井俊介選手が14分27秒0で“ファイナリスト”の座を確保し、4位の須河宏紀選手は14分27秒9と、わずか1秒の差が明暗を分けた。

決勝大会へのキップ「3」を懸けた勝負は最後の1周まで目が離せない展開となった。左から2位の滑和也選手、5位の辻川諒選手、3位の松井俊介選手、4位の須河宏紀選手

優勝した上野選手は「今も日本選手権を目指してはいますが、走ることは趣味の範疇でやっています。(今大会も)おもしろそうだと思ったのでエントリーしてみました。スケジュールの都合がつけば全国大会にも出たい」と、指導者になった今でも自身が走ることへの情熱は衰えていなかった。7月18日には大学生のペースメーカーとして関東学生網走夏季記録挑戦競技会の5000mに出場し、13分55秒をターゲットに引っ張る予定だという。指導する立大も「5000m13分台、10000m28分台がもっと出てくると思います」と育成は順調そうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

女子は池本愛選手が17分07秒8で優勝し、合田なぎさ選手が17分10秒2で2位、瀧波美緒選手が17分17秒3で3位。レースは男女混合のため、タイム順に3位までを決定した。

ファイナリストとなった男女3選手。左から男子3位の松井選手、2位の滑選手、1位の上野選手、女子1位の池本愛選手、2位の合田なぎさ選手、3位の瀧波美緒選手

決勝大会は9月24日に都内で開催され、アシックスのランニングシューズ「METASPEED SKY+(メタスピードスカイプラス)」か「METASPEED EDGE+(メタスピードエッジプラス)」を使用することが出場の条件となる。ファイナリストには決勝大会用のシューズやウエアなどが提供された。

地区予選会は関東のほかに北海道、中国、関西が終了し、残るは7月24日の中部、7月31日の九州。バーチャル部門は7月31日まで受け付けており、それが終わるとファイナリスト42人が出そろう。決勝大会ではどんなレースが見られるだろうか。

関東地区予選会には300人を超える参加者が集まった

アシックスジャパンが主催し、一般ランナーが5000mのタイムを競うレースイベント「META:Time:Trials JAPAN Series(メタ・タイム・トライアル ジャパンシリーズ)」の関東地区予選会が7月10日、東京都江東区の夢の島競技場で開催された。 「META:Time:Trials JAPAN Series」は全国6地区で行われる予選会と、バーチャル部門を合わせた各大会の男女上位3人が決勝大会に進出できるトーナメント形式のイベント。「大人の挑戦が、いま始まる。」をコンセプトに、走力に自信のあるランナーが楽しく参加できる大会として立ち上げられた。 関東地区予選会は気温30度を超える暑さとなったが、全10組の5000mレース(記録は非公認)に322人が出場。女子マラソンで五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんがゲストとして登場し、インフルエンサーがゲストランナーを務めて会場を盛り上げた。 五輪メダリストの有森裕子さんがゲストとして登場。時には伴走もしてランナーを激励した 会場ではアシックスのレーシングシューズ「METASPEED(メタスピード)」シリーズの試着も実施。なお、決勝大会は出場者全員が「METASPEED+(メタスピードプラス)」シリーズを着用する 組が進むごとに出場選手のレベルが上がり、18時20分スタートの最終10組には元実業団選手や箱根駅伝経験者など有力選手が集結。なかでも注目は2009年の日本選手権覇者で、同年のベルリン世界選手権にも出場した上野裕一郎選手(立大駅伝監督)。「いつもは(学生を)引っ張ることが多いので、たまには好きなように走りたかった」と序盤は集団の中でレースを進めたが、2000m過ぎに抜け出すと以降は独走。最後の400mは60秒、同200mは26秒でカバーして14分12秒2で悠々とトップを占めた。 14分12秒2でトップを占めた上野裕一郎選手 決勝大会へのキップ「3」を懸けた争いは最後の1周までもつれ込み、ラストスパートの勝負に。2位の滑和也選手が14分26秒3、3位の松井俊介選手が14分27秒0で“ファイナリスト”の座を確保し、4位の須河宏紀選手は14分27秒9と、わずか1秒の差が明暗を分けた。 決勝大会へのキップ「3」を懸けた勝負は最後の1周まで目が離せない展開となった。左から2位の滑和也選手、5位の辻川諒選手、3位の松井俊介選手、4位の須河宏紀選手 優勝した上野選手は「今も日本選手権を目指してはいますが、走ることは趣味の範疇でやっています。(今大会も)おもしろそうだと思ったのでエントリーしてみました。スケジュールの都合がつけば全国大会にも出たい」と、指導者になった今でも自身が走ることへの情熱は衰えていなかった。7月18日には大学生のペースメーカーとして関東学生網走夏季記録挑戦競技会の5000mに出場し、13分55秒をターゲットに引っ張る予定だという。指導する立大も「5000m13分台、10000m28分台がもっと出てくると思います」と育成は順調そうだ。 女子は池本愛選手が17分07秒8で優勝し、合田なぎさ選手が17分10秒2で2位、瀧波美緒選手が17分17秒3で3位。レースは男女混合のため、タイム順に3位までを決定した。 ファイナリストとなった男女3選手。左から男子3位の松井選手、2位の滑選手、1位の上野選手、女子1位の池本愛選手、2位の合田なぎさ選手、3位の瀧波美緒選手 決勝大会は9月24日に都内で開催され、アシックスのランニングシューズ「METASPEED SKY+(メタスピードスカイプラス)」か「METASPEED EDGE+(メタスピードエッジプラス)」を使用することが出場の条件となる。ファイナリストには決勝大会用のシューズやウエアなどが提供された。 地区予選会は関東のほかに北海道、中国、関西が終了し、残るは7月24日の中部、7月31日の九州。バーチャル部門は7月31日まで受け付けており、それが終わるとファイナリスト42人が出そろう。決勝大会ではどんなレースが見られるだろうか。 関東地区予選会には300人を超える参加者が集まった

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top