月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

荒井七海が3分36秒62の自己新!日本歴代3位の好走も世界陸上標準に届かず/ホクレンDC


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022:20周年記念大会(6月22日・北海道深川市)

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022の「20周年記念大会」が行われ、男子1500mで荒井七海(Honda)が3分36秒62をマーク。自身が昨年マークした当時の日本記録(現・歴代4位)の3分37秒05を塗り替え、日本人4人目の3分37秒切りとなった。

オレゴン世界選手権の参加標準記録(3分35秒00)に届かず「ターゲットに及ばず、中距離のチームとしては情けない」と振り返るが、「個人的には自己ベストなので成長できています」と語った。

ペースメーカーは400mを56秒、800mを1分54秒で通過。荒井は2、3番手で追走しつつ、ラスト300mで徐々にペースを上げて独走に。残り200mでさらにギアを変えたがわずかに参加標準記録には届かなかった。

◇男子1500m日本歴代5傑
3.35.42 河村 一輝(トーエネック) 2021.7.17
3.36.59 三浦 龍司(順大3)    2022.4.9
3.36.62 荒井 七海(Honda)   2022.6.22
3.36.69 遠藤 日向(住友電工)   2022.4.9
3.37.18 佐藤 圭汰(洛南高3京都) 2021.7.17

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com