月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

遠藤日向5000m13分22秒13で連覇して世界選手権代表内定!今大会第1号「ホッとした」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。男子5000m決勝が行われ、遠藤日向(住友電工)が13分22秒13をマークして連覇を達成した。すでに参加標準記録(13分13秒50)を突破しており、これで初の世界選手権代表に内定した。

レース後のインタビューで「うれしくて泣きそう」と語り「内定を決めるのが一番大事。ホッとしました」と笑顔を見せる。序盤は「先頭の選手の動きを見ながら」中段に待機。ラスト2周でペースアップして勝負を決めた。

世界選手権の代表内定は今大会では第1号となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com