月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

栁田大輝 準決勝で10秒16の自己新!「決勝で10秒05出します」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。男子100m準決勝2組に入った栁田大輝(東洋大)は自身の持つU20日本歴代3位の記録を更新する10秒16(±0)をマーク。堂々の組1着通過を果たした。

栁田はスタートはやや出遅れるも、中盤で加速に乗て抜け出し、トップでフィニッシュ。準決勝で「タイムは狙っていた」というが、「余力を残したほうがいいのかな」と決勝に備える走りに切り替えた。「勝つ気でいきたいし、決勝では10秒05を出します」と高らかに宣言した。

男子100m決勝は10日の20時30分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com