月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前田穂南が10000mで32分18秒69で日本人最高位 ムッソーニは女子3000mで8分39秒91/中国実業団


第61回中国実業団選手権が5月7日と14日、15日の3日間、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で行われ、14日の女子10000mでは東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)が日本人トップの32分18秒69で2位に入った。

8日に五輪以来のレースとなる仙台ハーフマラソンに出場した前田は、1時間9分08秒の自己タイ記録で優勝。中5日の日程で出場した14日のレースでは、昨年の優勝者である細田あい(エディオン)を抑えた。優勝はM.レベッカ(ダイソー)で、31分28秒28と大会記録を更新した。

男子4×100mリレーでは三菱自動車水島が41秒42の大会新記録で優勝を飾り、女子棒高跳では川西文音(OUF)が大会タイ記録の3m80で快勝。

このほか、男女長距離でケニア人ランナーが好走し、女子3000mではT.ムッソーニ(ダイソー)が8分39秒91、男子10000mではC.ムワンギ(中国電力)が27分46秒34とそれぞれ大会記録を更新した。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com