月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100m東京五輪代表の小池祐貴が国内初戦に向け「今の最大のパフォーマンスを出せるか」/織田記念前日会見


日本グランプリシリーズ広島大会の「第56回織田記念」を明日(4月29日)に控え、前日会見が行われた。

前日会見に登壇した小池祐貴(住友電工)は男子100mに出場予定。すでに米国でシーズンインした小池は、「アメリカでは何パターンかやりたいレースを試してきた」と言う。100mは、4月1日の初戦で10秒21(+2.0)をマーク。その後も2戦目は10秒22(+1.1)、3戦目はスタートトラブルの影響もあり10秒32(+2.5)だった。

冬の間はフィジカル面の改善に取り組み、体重も2kg増加の76~77kgに。「筋力、体重アップができて、体重が軽い頃よりも地面を踏めている感覚はあります」と手応えをつかんでいる。今季は「中盤のトップスピードを高めることをテーマにしてきた」と言い、「まだうまくいったレースはできていない。練習で良い感覚はあるので、感覚がマッチするのを待っている状況」だ。

国内初戦となる織田記念は雨天予報のため「向かい風8mとか(の予報もあり)、記録は難しそう」と苦笑い。シーズン序盤は「今の感覚のベストを出す、最大のパフォーマンスを出すことが重要」と小池。その中で「どんな状況でも集中して優勝できれば、次のステップにいける」。オレゴン世界選手権に向けて、まずは自身が求める走りの感覚を求める国内初戦となりそうだ。

男子100mは予選が12時10分、決勝は14時55分に行われ、大会の様子は日本陸連公式YouTubeでライブ配信される。

■主な出場予定選手
男子100m
多田修平(住友電工)
小池祐貴(住友電工)
坂井隆一郎(大阪ガス)
デーデー・ブルーノ(セイコー)
栁田大輝(東洋大)
鈴木涼太(スズキ)
※桐生祥秀(日本生命)は欠場を発表

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com