月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

10000m明大・児玉真輝が学生トップの28分40秒44「記録より勝負を意識」/兵庫リレー


◇兵庫リレーカーニバル(4月23日、24日/兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)

兵庫リレーカーニバルの初日にアシックスチャレンジ男子10000m(タイムレース)が行われ、児玉真輝(明大)が大学生としてはトップの28分40秒44マーク。全体では実業団選手に次ぐ4位だった。

全2組で児玉は2組目にエントリー。棄権者も多く12人でのスタートとなった。まずは富田峻平(明大)が前に出ると児玉もそれについて、先頭を引っ張るかたちに。途中から富田と先頭を交代しつつ、レースを作った。6000m手前で後ろから上がってきた大塚翔平(九電工)が先頭に立つが、8000m手前で再び富田と児玉が前に出る。ラスト2周となったところで小松拓弥(NTT西日本)がペースを上げて集団から抜け出すと、第2集団は混戦となる。児玉はラスト1周でペースを上げた大塚、風岡永吉(JFEスチール)、亀田仁一路(関大)、に抜かれるも、ラストスパートで亀田を抜き返し、組4着、全体でも4位のフィニッシュとなった。

レース前、山本祐樹監督からは「流れに乗って行け」と言われていたが、スタートすると「ペースが遅い」と感じた。そのため当初のプランは違って富田とともに前に出たという。レース中に山本監督から「交代で行け」とアドバイスがあり、その通りレースを進めたと話す。兵庫リレーへの出場について「正直、タイムを狙うなら日体大競技会でも十分だと思うんですが、実業団の選手が多くいる中でレースを経験するのはプラスにもなると思うので、記録よりも勝負を意識して走りました」と児玉。学生トップとはなったが「欲を言えば組1着を取りたかったです」と苦笑した。

今日の記録は自己ベスト(28分22秒27)からは18秒あまり遅い。2週間ほど前までは、自らの中で「練習を積む期間」と考えて走り込みなどを行ってきたといい、「このレースからちょっとずつ調整して、疲労を抜きつつ調子を上げていこうと思っています」。次のレースはゴールデンゲームズinのべおかの5000m、そして種目は決まっていないが関東インカレの予定。「関東インカレにしっかりとピークを持っていきたいです」。

明大は2年連続で箱根駅伝のシード権を落とし、チーム全体が悔しさから「やってやろう」という気持ちになっているという。「今の4年生が特に強いし、お互い切磋琢磨してやっています。すごい雰囲気はいいです」。児玉自身も上級生となったが、強い4年生を「下から突き上げていく」という気持ちでいると話す。今年こそチームとしての「強さ」を見せつけたい明大。今後のトラックシーズンにも注目だ。

■アシックスチャレンジ男子10000mタイムレース総合上位成績
28.37.75 小松巧弥(NTT西日本)
28.39.04 風岡永吉(JFEスチール)
28.39.55 大塚祥平(九電工)
28.40.44 児玉真輝(明大)
28.41.18 亀田仁一路(関大)
28.43.23 富田峻平(明大)
28.47.34 上田颯汰(関学大)
28.49.23 谷原先嘉(大阪府警)

写真・文/藤井みさ

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com