月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

静岡国際のエントリーが発表! 200mに小池祐貴、飯塚翔太 400mHには山内、黒川、安部ら五輪経験者7人が出場


5月3日に開催される静岡国際のエントリー選手が発表された。

男子200mには東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)、山下潤(ANA)が揃ってエントリー。また、昨年の日本選手権2位のデーデー・ブルーノ(セイコーAC)が出場を予定している。

男子400mハードルでは昨年の五輪で準決勝に進出した山内大夢(東邦銀行)、同じく東京五輪代表の黒川和樹(法大)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)に加え、ロンドン五輪に出場した岸本鷹幸(富士通)、舘野哲也(Criacao Shinjuku RC)、リオ五輪代表の野澤啓祐(チームミズノ)、松下祐樹(ミズノ)と五輪経験者が7人という豪華な顔ぶれとなった。

男子走高跳には日本記録保持者(2m35)の戸邉直人(JAL)や真野友博(九電工)が、2m36の自己記録を持つB.スターク(豪州)を迎え撃つ。男子棒高跳では5m70台の自己記録を持つ山本聖途(トヨタ自動車)、江島雅紀(富士通)、竹川倖生(丸元産業)、石川拓磨(東京海上日動CS)らが火花を散らす。また、男子800mでは日本記録を持つ源裕貴(NTN)と 川元奨(スズキ)が激突する。

女子では800mに五輪代表の田中希実(豊田自動織機)と卜部蘭(積水化学)が出場を予定。200m兒玉芽生(ミズノ)、齋藤愛美(大阪成蹊AC)、鶴田玲美(南九州ファミリマート)らが登録した。

大会は5月3日に袋井市のエコパスタジアム(小笠山総合)で行われる。

エントリー一覧はこちら(外部リンク)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com