月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH村竹ラシッド準決勝で世界陸上標準上回る13秒30も追い風参考に/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)1日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権の初日。男子110mハードルに村竹ラシッド(順大)が出場し、決勝は13秒43(+2.6)で優勝した。

昨年は東京五輪にあとわずかに迫った村竹。冬は「ウエイトトレーニングを中心にいい感じに取り組めました」と充実ぶりを漂わせる。雨、風、気温低下というコンディションのなか、予選から13秒54(+1.6)の大会タイ記録を叩き出した。

圧巻は準決勝。会場がどよめく走りで表示された記録は13秒30。オレゴン世界選手権の参加標準記録13秒32をクリアしたかに思われたが、追い風2.2mでわずかに参考記録となった。

「準決勝は13秒6くらいの感覚で走ったのですが、思ったよりも動いたので、力がついたと思いたい」と村竹。決勝はさらに強い追い風となったことで、「さばき切れなかった」という。それでも中盤以降の加速に「自身がついた」と大きな手応えをつかんだ1本。今後は織田記念、セイコーゴールデングランプリ、関東インカレを経て日本選手権へ向かう。

「課題は中盤以降のさばき。スタートももっと強く飛び出せるようにしたい。日本選手権までに狙えるところで参加標準記録を狙っていきたいです」

昨年は参加標準記録を突破しながら日本選手権決勝で不正スタートとなり、五輪がついえた村竹。一度は練習から離れるほど落ち込んだというが、それでもトラックに戻り、ひと冬越えて進化を見せる。届かなかった世界へ。大学3年目は飛躍の1年にする。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com