月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3000m障害の青木涼真が8分33秒33でV リオ五輪銀のジャガー抑える/マウントサック・リレー


4月14日、米国・ロサンゼルス校外のマウント・サンアントニオ・カレッジ(Mt.SAC)を舞台にしたマウントサック・リレーの2日目が行われ、男子3000m障害で東京五輪代表の青木涼真(Honda)が8分33秒33で優勝した。

16年リオ五輪銀、17年世界選手権銅メダルの実力者・E.ジャガー(米国)も出場したレースは1000mが2分58秒とスローペースに。青木は集団の前方でレースを進め、1400m過ぎから先頭に立つと、自らペースアップし、そのまま逃げ切りトップでフィニッシュした。ジャガーは8分34秒89で2位だった。

青木は昨年の五輪後に3000m障害から離れることも示唆していたが、「どの種目でも力をつけたい」と語り、引き続き3000m障害にも取り組んでいる。2月からはジャガーも所属するクラブチーム「バウワーマンTC」に参加し、トレーニングを重ねていた。

マウントサック・リレーは今回で62回目を数える伝統のリレーカーニバルとして知られ、米国の五輪メダリストや日本人選手も多く参加する大会。今年は16日までの日程で行われ、日本からは男子100mに小池祐貴(住友電工)、同棒高跳に山本聖途(トヨタ自動車)らがエントリーしている。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com