月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青木益未が12秒86の日本新!世界選手権標準まであと0.02秒/北陸実業団選手権


写真提供/北陸実業団連盟

4月10日、新潟市陸上競技場で第52回北陸実業団選手権が行われ、女子100mハードル予選で東京五輪代表の青木益未(七十七銀行)が12秒86(-0.2)の日本新記録を樹立した。従来の日本記録は青木と寺田明日香(ジャパンクリエイト)が昨年出した12秒87。

3月の日本選手権室内60mハードルを制している青木は、今大会が今季の屋外初戦。9日の100mでは向かい風2.3mの条件ながら11秒66をマークするなど、スプリント力がアップし、好調さをアピールしていた。今年7月のオレゴン世界選手権の参加標準記録(12秒84)にはあと0.02秒と迫り、15時10分から行われる決勝での走りに注目が集まる。

■女子100mH日本歴代10傑
12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022年
12.87  0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021年
13.00  0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000年
13.00  1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021年
13.02  1.4 池田久美子(スズキ)       2007年
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013年
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013年
13.08  0.2 石野 真美(長谷川体育施設)   2006年
13.13  0.5 福部 真子(日本建設工業)    2019年
13.13  2.0 清山ちさと(いちご)       2020年

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com