月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新しい陸上のカタチへ―日本陸連が「中長期計画」を発表 ウェルネス陸上にも注力


日本陸連(JAAF)は今年2月に、「JAAF REFORM 中長期計画―新たなステージへの挑戦―」を公開した。

これは日本陸連が2017年に発表した「JAAF VISION2017」において「トップアスリートが活躍し、国民に夢と希望を与える」「すべての人がすべてのライフステージにおいて陸上競技を楽しめる環境をつくる」というミッションを、より具体化するために策定。そのメディア説明会が3月23日に行われ、日本陸連の石井朗生・事務局次長兼経営企画部長が登壇した。

『中長期計画』をもとに、石井事務局次長は「新しい陸上のかたちを目指していきたい」とする。

「JAAF VISION2017」で定めたのは、国際競技力の向上については、世界大会のプレイシングテーブル(1位8点…で計算する国別ランキング)において28年にトップ8、2040年に世界トップ3(アジア1位)を目指すというもの。

またウェルネス陸上の実現については、陸上に関わる人=アスレティックファミリーを現在約40万人から、28年に150万人、40年に300万人に増やすのが目標となる。

これらを具体化、実現を目指すために、2018年に検討会議をスタートし、今回の「中長期計画」作成・発表に至った。

大きなテーマは「未来に輝く人材育成と、感動体験の提供を目指して」で、競技力向上だけではなく、社会につながりを持ち、社会貢献することで陸上の価値を高めていける人材の育成を目指す。そのために、人材育成をできる指導者の育成や基盤づくりも進めていく構えだ。

大きな特徴として、「ウェルネス陸上の充実」が挙げられる。これは石井事務局次長が「日本陸連がこれまでやってこなかったが、やらなければいけなかったこと」と言う。強化を軽視するのではなく、これまで以上にウェルネス陸上、普及にも目を向けて取り組んでいくとしている。

具体的にはこれまでのように陸上競技場という「閉鎖的」(石井事務局次長)な場所だけではなく、「イベントや施設など、街の中に入っていく、身近な陸上の確立」や、「選手とファンが触れ合ったり、選手の魅力・物語を伝えられるコンテンツだったりの充実」を提供していく。

また、現在はアスリート、元アスリート、地域陸協が積極的にイベントなどを行っているが、そういった普及目的のイベントの支援も行っていきたいという。

人口減少や部活動の変化により競技人口を確保することが難しくなる面もあるが、「陸上は走る、歩く、投げる、跳ぶと、すべての運動の土台となるもの。そこをアピールして、他競技の人たちに体験してもらったり、アスリートを抱え込むのではなく“シェア”してもらったり。いろいろな運動・体験をしている人を増やしていきたい」と石井事務局次長は語る。

今回発表された「中長期計画」は「結構な頻度で見直して書き換えていく」とし、より目標の具体化に向けてブラシュアップしていく。

「JAAF REFORM 中長期計画―新たなステージへの挑戦―」は日本陸連のホームページ上からダウンロードできる。「特設ホームページを作成し、より充実させてアスレティックファミリーに存在をアピールしていきたい」と石井事務局次長は締めくくった。

東京五輪を経て、スポーツの在り方、陸上の在り方が問われている中で、どういった形で『陸上ファミリー』を増やすことができるか考えるきっかけになるだろう。

「JAAF REFORM 中長期計画―新たなステージへの挑戦―」のダウンロードは陸連HPへ

※肩書きに誤植があり修正しました。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com