月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

春の高校伊那駅伝 男子は佐久長聖が大会新記録で優勝、女子は神村学園が独走V

春の高校伊那駅伝2022が3月20日、伊那市陸上競技場発着で行われ、男子は佐久長聖(長野)が2時間6分43秒の大会新記録で優勝した。2位は学法石川(福島)、3位に前回優勝の洛南(京都)が入った。
 
佐久長聖は1区で5位スタートするも、2区の長屋匡起(2年)が区間新(区間2位)の走りで首位に躍り出る。3区・永原颯磨(1年)が区間賞で続くと、4区のエース吉岡大翔(2年)が長嶋幸宝(西脇工2兵庫)との区間賞争いを制し、5区の松尾悠登(2年)まで連続区間賞で後続を引き離した。そのまま独走となり、2位の学法石川に3分20秒差をつけ優勝のテープを切った。佐久長聖は年末の全国高校駅で5位だった。

女子は1時間10分13秒で神村学園(鹿児島)が独走で優勝。2位に長野東(長野)、3位に立命館宇治(京都)が続いた。神村学園は1区・田島愛梨(2年)が2位に20秒をつけて首位でタスキリレーすると、3区・K.カロライン(1年)が区間新記録。1、3、4、5区で区間賞を獲得する圧巻のタスキリレーだった。神村学園は全国高校駅3位に入っている。

春の高校伊那駅伝は1、2年生の新チームでの勝負する年度末の風物詩で、新年度の戦力をうらなう重要な一戦。男子は6区間42.195km(7.98km-7.52km-7.2km-9.1km-5.1km-5.295km)、女子は5区間21.0975km(5.9km-2.6km-4.3km-4.7km-3.5975km)をつなぐ駅伝で、今年は男子122校、女子62校がエントリーした。

■春の高校伊那駅伝上位成績
・男子
1位 佐久長聖(長野) 2.06.43大会新
2位 学法石川(福島) 2.10.04
3位 洛南(京都) 2.10.14
4位 西脇工(兵庫) 2.10.47
5位 埼玉栄(埼玉) 2.11.17
6位 倉敷(岡山) 2.11.21
7位 九州学院(熊本) 2.11.29
8位 國學院久我山(東京) 2.11.45
・女子
1位 神村学園(鹿児島) 1.10.13
2位 長野東(長野) 1.12.01
3位 立命館宇治(京都) 1.12.31
4位 薫英女学院(大阪) 1.13.31
5位 学法石川(福島) 1.13.34
6位 豊川(愛知) 1.14.45
7位 旭川龍谷(北海道) 1.15.56
8位 鯖江(福井) 1.16.34

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com