月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

60mH野本周成が予選3着で準決勝進出 先週の日本選手権室内初制覇で勢い/世界室内


◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の3日目午前セッションが行われ、男子60mハードル予選に石川周平(富士通)と野本周成(愛媛陸協)が出場した。

2組に登場した石川はハードルに当てて失速。流れに乗れずに8秒07の7着で予選敗退となった。5組に入った野本はG.ホロウェイ(米国)を相手にも自分の走りに徹し、鋭いハードリングで7秒66の3着。準決勝進出を果たした。野本は出国直前の日本選手権室内60mハードルを7秒58で優勝している。

準決勝は日本時間深夜1時05分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com