月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20kmは園田世玲奈が1時間32分12秒でV 神奈川大1年の内藤が2位/能美競歩

◇全日本競歩能美大会(3月20日/石川・能美市)

全日本競歩能美大会の女子20kmは、園田世玲奈(NTN)が1時間32分12秒で優勝。これまでの自己記録1時間35分21秒を大きく更新し、4月に出場予定の35kmへ弾みをつけた。2位には神奈川大1年の内藤未唯が1時間35分51秒で続き、3位に下岡仁美(同志社大/1時間36分32秒)。以下、梅野倖子(順大)、籔田みのり(武庫川女大)と続いた。

今大会はオレゴン世界選手権の選考会となっているが内定条件をクリアはならず。また、ワールドユニバーシティゲームズ代表選考会でもあり、学生上位陣は代表入りに近づいた。

■全日本競歩能美 女子20km競歩
園田世玲奈 (NTN)1.32.12
内藤未唯(神奈川大)1.35.51=学生歴代11位
下岡仁美(同志社大)1.36.32
梅野倖子(順大)1.36.52=U20日本歴代6位
籔田みのり(武庫川女大)1.38.05
溝口友己歩(ホンダロジコム)1.38.26
杉林 歩(大阪大)1.39.52
村上 藍(順大)1.39.56

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com