月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

インゲブリグトセンが1500mで3分30秒60の室内世界新! 60mはジェイコブスが快勝/WA室内ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月17日に行われた世界陸連室内ツアー・ゴールドの競技会(フランス・リエヴァン)の男子1500mで、東京五輪金メダリスト・J.インゲブリグトセン(ノルウェー)が室内世界新の3分30秒60で優勝した。従来の室内世界記録(3分31秒04、19年)を持っていたS.テフェラ(エチオピア)も同じレースに出場し、3分33秒70で2位だった。

インゲブリグトセンは21歳。18年U20世界選手権で1500m銀メダル、5000m銅メダルを獲得し、同じ年の欧州選手権ではこの2種目を制覇した。また19年ドーハ世界選手権では1500mで4位、5000mは5位に入っている。屋外の1500mの自己ベストは東京五輪の優勝タイムである3分28秒32(世界歴代8位)。

女子3000mでは、D.セヨーム(エチオピア)が8分23秒24の室内世界歴代3位の好タイムで制した。

このほか男子では2000mと60mハードル、三段跳で、女子では800m、3000m、棒高跳の合わせて6種目で今季世界最高がマークされた。

男子2000mはS.ゼレケが4分57秒00で優勝。男子60mハードルはこの種目の世界記録(7秒29)保持者・G.ホロウェイ(米国)が7秒35で優勝した。男子三段跳はU20世界選手権で2度(14年、16年)の優勝経験がある24歳のL.マルティネス(キューバ)が17m21で制している。

女子800mは東京五輪8位のN.グール(ジャマイカ)が1分58秒46で優勝し、3日前にウガンダ室内記録を更新したH.ナカーイ(ウガンダ)が1分58秒58の自己新で2位。女子3000mは、D.セヨーム(エチオピア)が室内世界歴代3位の8分23秒24で制した。女子棒高跳は東京五輪銀メダリストで、19年ドーハ世界選手権覇者のA.シドロワ(ANA/ロシア)が4m85で勝利。2位は東京五輪8位のI.ズク(ベラルーシ)で、4m80のベラルーシ記録を樹立した。

男子60mは、東京五輪100m金メダリストのM.ジェイコブス(イタリア)が6秒50で制して今季室内レース3戦3勝。男子3000mは東京五輪3000m障害銀メダルのL.ギルマ(エチオピア)が7分30秒54で優勝し、東京五輪10000m金メダリストのS.バレガ(エチオピア)が7分30秒66で2位。女子走幅跳は、三段跳の世界記録保持者・Y.ロハス(ベネズエラ)が6m81で勝った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com