HOME ニュース、国内

2022.01.21

日本選手権室内のエントリー選手が発表! 泉谷駿介、青木益未、多田修平ら東京五輪代表が多数集結
日本選手権室内のエントリー選手が発表! 泉谷駿介、青木益未、多田修平ら東京五輪代表が多数集結

日本陸連は21日、3月12、13日に大阪城ホールで行われる第105回日本陸上競技選手権大会・室内競技のエントリーリストを発表した。

男子60mには東京五輪男子100m、4×100mリレー代表の多田修平(住友電工)や同リレー代表のデーデー・ブルーノ(東海大)らをはじめ、坂井隆一郎(大阪ガス)や東田旺洋(栃木スポーツ協会)ら実力者が名を連ねた。

男子60mハードルには、前回大会で7秒50の特大日本新を打ち立て、屋外110mハードル日本記録(13秒06)を持つ泉谷駿介(順大)や高山峻野(ゼンリン)ら五輪代表組がエントリー。110mハードルで日本歴代4位の13秒28を持つ村竹ラシッド(順大)、インターハイの同種目で13秒69の高校新記録を樹立した西徹朗(名古屋高3愛知)にも注目が集まる。

また、女子60mハードルには日本記録保持者の青木益未(七十七銀行)のほか、青木とともに100mハードルの日本記録(12秒87)を保持する寺田明日香(ジャパンクリエイト)らの出場が発表された。女子4×100mリレー代表の青山華依(甲南大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は60mにエントリーしている。

その他、男子走幅跳では8m40の日本記録を持つ五輪代表の城山正太郎(ゼンリン)や津波響樹(大塚製薬)、棒高跳では同代表の江島雅紀(富士通)、山本聖途(トヨタ自動車)ら豪華メンバーがずらり。男子三段跳では昨年9月の日本インカレで日本歴代3位の17m00をマークした伊藤陸(近大高専)も出場する。

また、同日程でジュニアの部であるU20、U18、U16も行われる。

日本陸連は21日、3月12、13日に大阪城ホールで行われる第105回日本陸上競技選手権大会・室内競技のエントリーリストを発表した。 男子60mには東京五輪男子100m、4×100mリレー代表の多田修平(住友電工)や同リレー代表のデーデー・ブルーノ(東海大)らをはじめ、坂井隆一郎(大阪ガス)や東田旺洋(栃木スポーツ協会)ら実力者が名を連ねた。 男子60mハードルには、前回大会で7秒50の特大日本新を打ち立て、屋外110mハードル日本記録(13秒06)を持つ泉谷駿介(順大)や高山峻野(ゼンリン)ら五輪代表組がエントリー。110mハードルで日本歴代4位の13秒28を持つ村竹ラシッド(順大)、インターハイの同種目で13秒69の高校新記録を樹立した西徹朗(名古屋高3愛知)にも注目が集まる。 また、女子60mハードルには日本記録保持者の青木益未(七十七銀行)のほか、青木とともに100mハードルの日本記録(12秒87)を保持する寺田明日香(ジャパンクリエイト)らの出場が発表された。女子4×100mリレー代表の青山華依(甲南大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は60mにエントリーしている。 その他、男子走幅跳では8m40の日本記録を持つ五輪代表の城山正太郎(ゼンリン)や津波響樹(大塚製薬)、棒高跳では同代表の江島雅紀(富士通)、山本聖途(トヨタ自動車)ら豪華メンバーがずらり。男子三段跳では昨年9月の日本インカレで日本歴代3位の17m00をマークした伊藤陸(近大高専)も出場する。 また、同日程でジュニアの部であるU20、U18、U16も行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top