月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権室内のエントリー選手が発表! 泉谷駿介、青木益未、多田修平ら東京五輪代表が多数集結

日本陸連は21日、3月12、13日に大阪城ホールで行われる第105回日本陸上競技選手権大会・室内競技のエントリーリストを発表した。

男子60mには東京五輪男子100m、4×100mリレー代表の多田修平(住友電工)や同リレー代表のデーデー・ブルーノ(東海大)らをはじめ、坂井隆一郎(大阪ガス)や東田旺洋(栃木スポーツ協会)ら実力者が名を連ねた。

男子60mハードルには、前回大会で7秒50の特大日本新を打ち立て、屋外110mハードル日本記録(13秒06)を持つ泉谷駿介(順大)や高山峻野(ゼンリン)ら五輪代表組がエントリー。110mハードルで日本歴代4位の13秒28を持つ村竹ラシッド(順大)、インターハイの同種目で13秒69の高校新記録を樹立した西徹朗(名古屋高3愛知)にも注目が集まる。

また、女子60mハードルには日本記録保持者の青木益未(七十七銀行)のほか、青木とともに100mハードルの日本記録(12秒87)を保持する寺田明日香(ジャパンクリエイト)らの出場が発表された。女子4×100mリレー代表の青山華依(甲南大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は60mにエントリーしている。

その他、男子走幅跳では8m40の日本記録を持つ五輪代表の城山正太郎(ゼンリン)や津波響樹(大塚製薬)、棒高跳では同代表の江島雅紀(富士通)、山本聖途(トヨタ自動車)ら豪華メンバーがずらり。男子三段跳では昨年9月の日本インカレで日本歴代3位の17m00をマークした伊藤陸(近大高専)も出場する。

また、同日程でジュニアの部であるU20、U18、U16も行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com