月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

別大毎日マラソンは規模縮小して開催 出場者削減してカテゴリー1の選手とIPCブラインドランナー、大分在住者などに限定


2月6日の第70回記念別府大分毎日マラソン(大分県大分市など)の大会実行委員会は1月21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会規模を縮小すると発表した。

感染者数の増加で大分県も政府に「まん延防止等重点措置」の要請をする見込み。そのため、地元自治体と協議を重ねた結果、感染のピークが見通せない現状で、当初の計画だった4000人規模での開催は難しいとして、出場者を限定して規模縮小での開催を決めた。

出場できるのは、マラソン2時間30分以内、30kmロード1時間40分以内、ハーフマラソン1時間10分以内などが条件のカテゴリー1(招待選手を含む)の232人とペースメーカー5人、国際パラリンピック委員会(IPC)登録のブラインドランナー男女14人、大分県在住者(男女292人)の計543人。

大会には招待選手に大六野秀畝(旭化成)が名を連ねているほか、一般参加では箱根駅伝で優勝した青学大から飯田貴之、近藤幸太郎らがエントリーしている。

別大マラソンは昨年2月に第70回記念大会を開催する予定だったが、コロナ禍で1年延期とした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com