月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大が2年ぶりの往路V!帝京大が過去最高の2位、王者・駒大が3位/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km

98回箱根駅伝の往路は前々回王者の青学大が5時間22分07秒で2年ぶり優勝を飾った。

青学大は1区・志貴勇斗(2年)が区間5位で好スタートを切ると、2区の近藤幸太郎(3年)で2位に浮上。3区の太田蒼生(1年)でトップに立つと、4区の主将・飯田貴之(4年)がその差を137秒まで拡大し、5区の若林宏樹(1年)が悠々と逃げ切った。

2位は5区の細谷翔馬(4年)が2年連続で区間賞を獲得した帝京大。18位から徐々に順位を上げ、往路過去最高順位をマークした。

3位は前回王者の駒大。4位は國學院大、5位は順大が続いた。復路は138時にスタートする。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com