月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/田中希実、21歳「真夏の大冒険」1500mで3分台に突入


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

常識を次々とくつがえす快進撃

今年生まれた21個の日本記録。そのうちの3つは女子1500mで、田中希実(豊田自動織機TC)によって樹立された。

この夏、スケートボードでは「13歳、真夏の大冒険」が話題をさらったが、国立競技場で21歳のランナーもまた、大冒険を繰り広げた。

7月のホクレンディスタンスで4分04秒08をマークし、昨年自身が樹立した4分05秒27を更新。結果的には有効期間内に間に合わなかったが、東京五輪の参加標準記録を上回って、ワールドランキング制度で出場権を得たオリンピックへ臨むこととなった。

卜部蘭(積水化学)とともに、女子1500m日本人初出場。だが、快挙はそれだけにとどまらない。

田中は先に行われた5000mにも出場し、初の14分台をマークするも予選敗退に終わった。その悔しさを1500mにすべてぶつける。

予選で4分02秒33と日本記録を大幅に更新し、4着で準決勝進出を果たした。「4分を切らないと決勝は難しい」。準決勝のスタート直後、インレーンからすっと前に出た。海外勢と互角の走りを見せ、ずるずる落ちることはない。これまでこだわり抜いてきた「ラスト1周」で粘り切り、5着でフィニッシュ。着順で決勝進出を決めた。

田中の記録は、3分59秒19。日本人女子初の4分切り。「着順を狙うことでタイムもついてくると思いました」とどこまでも冷静に分析しつつ、「今の自分の全部をぶつけた」と、熱い気持ちを身体の奥にたぎらせていた。

決勝ではタイム以上に驚く7位入賞。日本人にとって、世界から最も遠いトラック種目とされてきた中距離で、153cmの小さな巨人が歴史を動かした。

なぜ世界と戦えるのか。その問いに対して田中はこう答えた。

「ひるまずに前に行く気持ちが大事」

父と二人三脚で時に意見をぶつけ合いながら、綿密に立てられた練習計画と試合スケジュール。着実に積み重ねた上で、最後に必要になるのは、やはり「気持ち」だった。

「1500mを極めればどんな種目にも対応できるということを、身をもって証明していけるようにしていきたいです」

21歳の大冒険を終えたあと、9月に22歳になった。卒論に追われながら、スタイルを崩さずにレースをこなす。まだ見ぬ自分と出会うために。今日より明日、速くなるために。

■女子1500m 日本歴代10傑
日本歴代
3.59.19 田中 希実(豊田自動織機TC) 2021. 8. 4
4.07.86 小林祐梨子(須磨学園高3兵庫) 2006. 9.24
4.07.90 卜部  蘭(積水化学) 2021. 8. 2
4.09.30 杉森 美保(京セラ) 2005. 4. 9
4.10.00 吉川 美香(パナソニック) 2007. 5. 5
4.10.08 陣内 綾子(九電工) 2013. 8. 3
4.10.39 田村 育子(グローバリー) 2002. 6.23
4.11.10 弘山 晴美(資生堂) 1994. 4.29
4.11.34 萩谷  楓(エディオン) 2021.9.24
4.11.65 藤原夕規子(グローバリー) 2002.12. 7

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com