月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/七種競技・山崎有紀が6000点に近づく17年ぶり日本新


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

第一人者が17年ぶりの快挙

七種競技で日本選手権を昨年まで3連覇していた第一人者の山崎有紀(スズキ)がついに歴史を動かした。

5月22、23日に母校・九州共立大で行われた競技会で、5975点をマーク。中田有紀が2004年に樹立した5962点の日本記録を17年ぶりに更新した。

学生たちに向けて開かれたこの大会には「6月の日本選手権に向けた調整」の一環で出場。その“ホーム”の雰囲気に後押しされた。

元々、長崎南高時代には4551点が自己ベストで、全国的には無名の存在。九州共立大でその身体能力が開花した。だが、大学時代に一気にトップアスリートへと駆け上がった反動も大きく、重圧は大きかったという。今回、学生たちと原点に戻って「楽しみ」ながら2日間を終えた先に、日本記録が待っていた。

翌月の日本選手権では、自己2番目となる5909点で4連覇を達成。これまで勝ち続けながらチャレンジャーとして、と臨んでいた日本選手権に、「勝つのは当たり前」と強い気持ちを持ち、セカンドベストにも「悔しい」と涙したところに、成長があった。

七種競技で世界へ――。その思いを強くした2021年の日本記録だった。

■女子七種競技 日本歴代10傑
5975 山﨑 有紀(スズキ浜松AC) 2021. 5.23
5962 中田 有紀(さかえクリニックTC) 2004. 6. 5
5907 ヘンプヒル恵(中大3) 2017. 6.11
5821 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 2018. 4.22
5713 佐藤さよ子(日立土浦) 2001. 6. 9
5639 生方留美子(ミズノ) 1995. 6.10
5633 大玉 華鈴(日体大4) 2021. 5.23
5597 桐山 智衣(モンテローザ) 2016. 6.12
5573 菊川 恵子(筑波大2) 1999.10. 2
5559 平戸安紀子(筑波大4) 2002. 4.21

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com