月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

富士山女子駅伝のオーダーが発表!女王・名城大はエース小林成美が山上り、拓大・不破聖衣来は最長5区へ

12月30日に行われる2021全日本大学選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)のオーダーが発表された。

この大会3連覇中の絶対女王・名城大はエースの小林成美(3年)をアンカーで上り坂が続く7区へ配置。最長10.5kmの5区に和田有菜(4年)、スピードランナーの高松智美ムセンビ(4年)が2区に入る。

前回2位の大東大は5区にエースの鈴木優花(4年)が入った。10000mで日本歴代2位の30分45秒21を叩き出して注目を集める拓大・不破聖衣来(1年)も同じく5区へ。最長区間でどんな走りを見せるか。

富士山女子駅伝は12月30日、静岡・富士山本宮浅間大社前を10時にスタートし、富士総合運動公園陸上競技場フィニッシュで、7区間43.4kmで行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com