月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大・三浦龍司 東京五輪入賞の2021年「大きな一年になった」来年は海外レース経験に意欲


東京五輪男子3000m障害で7位入賞を果たした三浦龍司(順大)が、日本学連の栄章贈与式(12月4日、都内)に出席し、五輪でマークした8分09秒92の日本記録樹立を表彰され、その喜びの声とともにインタビューに応えた。

――表彰おめでとうございます。まずは感想を一言ください。
三浦 ありがとうございます。日本記録を樹立でき、こうして表彰していただいて実感がより湧いてきました。これからの意欲にプラスになります。

――東京五輪にも出場されましたが、今シーズンをどう振り返りますか?
三浦 トラックシーズンでは本職と捉えている3000m障害で満足する結果を残すことができました。大きな一年になったと思います。出力も上がったことで疲労はありましたが、しっかりと駅伝シーズンに入れました。

――その駅伝も2つが終わりました。全日本大学駅伝に出場されて総合3位、2区で区間賞を獲得されました。
三浦 全日本大学駅伝では良い結果を出せました。作戦通り、レースの流れを変化させられましたし、成長を実感できたレースだったと思います。駅伝シーズンの良いスタートがきれました。

――箱根駅伝に向けてチームの雰囲気はいかがですか。
三浦 すごくいいですし、上り調子の選手もたくさんいます。箱根駅伝に向けて期待できるチームになっていると思います。

――その中でどんな走りを?
三浦 前回は1区で前半から勢いをつける走りが求められました。今回も往路になれば、インパクトを残せる走りができればと思います。

――改めて、五輪を経験して海外勢との違いはどのように捉えていますか。
三浦 自分はまだまだ伸びしろがあると思っていますし、5000mや10000mのタイムを考えてももっと成長できる希望があるのかな、と。まずはしっかり絶対的な走力が必要です。そこは継続しながら、筋持久力、スピード持久力を高めていきたいです。

――走力という面では、5000mではどのくらい、というイメージでしょう。
三浦 5000mで今年更新された学生記録(13分13分15秒)くらいを出さなければ3000m障害では戦えないと思うので、一つの目標にしたいと思います。

――ちなみに、記録を求めていけば結果が出るという考え方と、結果を求めていけば記録が必要になる、どちらの感覚が近いですか。
三浦 まずは記録のアベレージを高めていくことだと思っています。日本記録の更新と、どんなレースでも高い記録を安定させれば海外選手と戦った時でも力を発揮できると考えています。

――来年の目標を教えてください。
三浦 大きなイベントとしてはオレゴン世界選手権になるので、もちろん優勝を目指しては臨みますが、しっかり記録を出せるように頑張ります。(コロナ禍の)状況次第ではありますが、海外レース転戦などにも意欲があります。いろんなレース展開があると思うのでとても楽しみです。

三浦龍司(みうら・りゅうじ)/2002年2月11日生まれ。島根県出身。島根・浜田東中→京都・洛南高→順大。今夏の東京五輪男子3000m障害では日本人初となる7位入賞。自己ベストは5000m13分26秒78、10000m28分32秒28、3000m障害8分09秒92(日本記録)、ハーフマラソン1時間1分41秒。

構成/向永拓史

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com