月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本学連栄章贈与式に学生オリンピアン出席 順大・泉谷&三浦、福岡大・兒玉ら新記録称えられ

日本学連の栄章贈与式が12月4日、都内で行われた。この式典は日本記録および日本学生記録樹立を称えられるもので、東京五輪に出場した男子110mハードルの泉谷駿介(順大)、3000m障害の三浦龍司(順大)、女子短距離の兒玉芽生(福岡大)らが出席した。

6月の日本選手権で13秒06という脅威的な日本記録をマークし、東京五輪でも準決勝に進んだ泉谷は、喜びと感謝の言葉を述べ、「この結果に満足せず、しっかり今後の目標に向かって頑張っていきます」と語った。9月の日本インカレ女子4×100mリレーで44秒51の学生記録を樹立した福岡大のエース・兒玉芽生は「来年は個人種目で世界選手権出場を目指したい」とし、来春からミズノ所属となり「学生以上に結果が求められると思うので、ミズノの一員という自覚を持って頑張ります」と決意を語った。

日本学連の松本正之会長は「今後も自分への挑戦、記録への挑戦を続けながら、仲間や後輩たちにアドバイスを送るような存在になってほしい」と選手たちへエールを送る。選手・指導者には記念の盾と副賞の目録が手渡された。受賞者は以下の通り。

●日本新記録章
泉谷駿介(順大) 男子110mH 13秒06
三浦龍司(順大) 男子3000m障害 8分09秒92
●日本学生新記録章
イェゴン・ヴィンセント(東京国際大) 男子5000m13分15秒15 
幸長慎一(四国大院) 男子円盤投 60m69
伊藤 陸(近大高専) 男子三段跳 17m00
ワンジク・チャールズ・カマウ(武蔵野学院大) 男子10000m27分18秒89
小林成美(名城大) 女子10000m 31分22秒34
道下美槻(立教大) 女子1500m 4分12秒72
福岡大(伊藤彩香・兒玉芽生・渡邊輝・城戸優来) 女子4×100mR 44秒51
吉村玲美(大東大) 女子3000m障害 9分41秒43

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com