HOME 箱根駅伝2022名鑑
【箱根駅伝2022名鑑】東京国際大学
【箱根駅伝2022名鑑】東京国際大学

東京国際大学

5年連続6回目
前回順位 10位
過去最高順位 5位
至近10年総合成績(左が21年)
⑩⑤⑮⑰-⑰----

広告の下にコンテンツが続きます

三大駅伝優勝回数
箱 根0回
出 雲1回
全日本0回

チーム最高記録
往路 5時間24分33秒(20年)
復路 5時間29分54秒(20年)
総合 10時間54分27秒(20年)

監督 大志田秀次
主務 森 瑞生

10月の出雲で初出場初優勝の快挙を達成し、11月の全日本でも5位ながら中盤まで先頭争いを繰り広げた。留学生のイェゴン・ヴィンセントに丹所健、山谷昌也を加えた3本柱が強力で、過去最高の「3位以内」をターゲットに置く。

広告の下にコンテンツが続きます

選手一覧(★はエントリー選手)

名前(学年)
出身高
10000m
ハーフ
過去の箱根成績
(19年/20年/21年)
★野澤 巧理(4)
白鴎大足利(栃木)
29.26.26(21年)
1.06.15(19年)
―/―/―
芳賀宏太郎(3)
学法石川(福島)
29.07.82(19年)
1.06.41(19年)
7区6位/8区5位/6区19位
★三浦瞭太郎(4/主将)
東農大二(群馬)
29.18.43(21年)
1.06.38(21年)
―/―/―

★渡邉 正紀(4)
鬼怒商(茨城)
29.23.74(19年)
1.08.38(20年)
―/―/―
★イェゴン・ヴィンセント(3)
チェビルベレク(ケニア)
27.24.42(21年)
1.02.23(19年)
―/3区1位/2区1位
奥村 辰徳(3)
九州学院(熊本)
29.14.32(21年)
1.06.05(21年)
―/―/―
★丹所  健(3)
湘南工大附(神奈川)
28.19.17(21年)
1.04.37(21年)
―/1区13位/1区14位
★堀畑 佳吾(3)
清風(大阪)
28.54.91(21年)
1.05.42(19年)
―/―/―
★宗像  聖(3)
学法石川(福島)
29.13.94(20年)
1.06.12(19年)
―/―/4区13位
★山谷 昌也(2)
水城(茨城)
28.11.94(21年)

※13.49.47(21年)
―/―/―
★ルカ・ムセンビ(3)
仙台育英(宮城)
28.20.09(20年)
1.03.14(21年)
―/―/―




★生田 琉海(2)
徳島科学技術(徳島)
29.09.22(21年)

※14.04.82(21年)
―/―/―
★鎌田 雅稀(2)
日体大柏(千葉)
29.48.71(21年)

※14.28.02(21年)
―/―/―
川畑 昇大(2)
須磨学園(兵庫)
29.37.83(21年)
1.08.54(21年)
―/―/―
★林  優策(2)
滋賀学園(滋賀)
29.43.85(21年)
1.07.14(21年)
―/―/―
麓  逸希(2)
開新(熊本)
30.29.42(21年)

※14.00.07(21年)
―/―/―
★村松 敬哲(2)
浜松商(静岡)
29.37.29(21年)
1.07.55(21年)
―/―/―
牛  誠偉(1)
浜松商(静岡)
29.48.70(21年)
1.09.13(21年)
―/―/―
★倉掛  響(1)
小林(宮崎)
29.56.51(21年)

※14.02.80(20年)
―/―/―
佐藤 榛紀(1)
四日市工(三重)
29.17.39(21年)

※13.50.31(20年)
―/―/―
★白井 勇佑(1)
仙台育英(宮城)
28.55.12(21年)

※13.58.00(20年)
―/―/―
★冨永 昌輝(1)
小林(宮崎)
29.06.37(21年)
1.04.48(21年)
―/―/―

 

広告の下にコンテンツが続きます

東京国際大学

5年連続6回目 前回順位 10位 過去最高順位 5位 至近10年総合成績(左が21年) ⑩⑤⑮⑰-⑰---- 三大駅伝優勝回数 箱 根0回 出 雲1回 全日本0回 チーム最高記録 往路 5時間24分33秒(20年) 復路 5時間29分54秒(20年) 総合 10時間54分27秒(20年) 監督 大志田秀次 主務 森 瑞生 10月の出雲で初出場初優勝の快挙を達成し、11月の全日本でも5位ながら中盤まで先頭争いを繰り広げた。留学生のイェゴン・ヴィンセントに丹所健、山谷昌也を加えた3本柱が強力で、過去最高の「3位以内」をターゲットに置く。 選手一覧(★はエントリー選手)
名前(学年) 出身高 10000m ハーフ 過去の箱根成績 (19年/20年/21年)
★野澤 巧理(4) 白鴎大足利(栃木) 29.26.26(21年) 1.06.15(19年) ―/―/―
芳賀宏太郎(3) 学法石川(福島) 29.07.82(19年) 1.06.41(19年) 7区6位/8区5位/6区19位
★三浦瞭太郎(4/主将) 東農大二(群馬) 29.18.43(21年) 1.06.38(21年) ―/―/―
★渡邉 正紀(4) 鬼怒商(茨城) 29.23.74(19年) 1.08.38(20年) ―/―/―
★イェゴン・ヴィンセント(3) チェビルベレク(ケニア) 27.24.42(21年) 1.02.23(19年) ―/3区1位/2区1位
奥村 辰徳(3) 九州学院(熊本) 29.14.32(21年) 1.06.05(21年) ―/―/―
★丹所  健(3) 湘南工大附(神奈川) 28.19.17(21年) 1.04.37(21年) ―/1区13位/1区14位
★堀畑 佳吾(3) 清風(大阪) 28.54.91(21年) 1.05.42(19年) ―/―/―
★宗像  聖(3) 学法石川(福島) 29.13.94(20年) 1.06.12(19年) ―/―/4区13位
★山谷 昌也(2) 水城(茨城) 28.11.94(21年) ― ※13.49.47(21年) ―/―/―
★ルカ・ムセンビ(3) 仙台育英(宮城) 28.20.09(20年) 1.03.14(21年) ―/―/―
★生田 琉海(2) 徳島科学技術(徳島) 29.09.22(21年) ― ※14.04.82(21年) ―/―/―
★鎌田 雅稀(2) 日体大柏(千葉) 29.48.71(21年) - ※14.28.02(21年) ―/―/―
川畑 昇大(2) 須磨学園(兵庫) 29.37.83(21年) 1.08.54(21年) ―/―/―
★林  優策(2) 滋賀学園(滋賀) 29.43.85(21年) 1.07.14(21年) ―/―/―
麓  逸希(2) 開新(熊本) 30.29.42(21年) ― ※14.00.07(21年) ―/―/―
★村松 敬哲(2) 浜松商(静岡) 29.37.29(21年) 1.07.55(21年) ―/―/―
牛  誠偉(1) 浜松商(静岡) 29.48.70(21年) 1.09.13(21年) ―/―/―
★倉掛  響(1) 小林(宮崎) 29.56.51(21年) ― ※14.02.80(20年) ―/―/―
佐藤 榛紀(1) 四日市工(三重) 29.17.39(21年) ― ※13.50.31(20年) ―/―/―
★白井 勇佑(1) 仙台育英(宮城) 28.55.12(21年) ― ※13.58.00(20年) ―/―/―
★冨永 昌輝(1) 小林(宮崎) 29.06.37(21年) 1.04.48(21年) ―/―/―
 

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top