月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全国高校駅伝代表校が出そろう 都道府県大会トップタイムは男子が西脇工、女子は仙台育英


男子第72回、女子第33回全国高校駅伝(12月26日/京都・たけびしスタジアム京都発着)の予選会となる都道府県高校駅伝が11月14日の三重と岐阜ですべて終了し、男女各47の代表校が出そろった。

最多出場は男子が世羅(広島)で51回、女子は立命館宇治(京都)と山田(高知)で第1回大会から「皆勤」となる33回。初出場は男子が出水中央(鹿児島)、女子は浜松市立(静岡)の男女各1校だ。

男子7区間42.195km(10km-3km-8.1075km-8.0875km-3km-5km-5km)によるタイムを比較すると、男子は兵庫県大会を大会新の2時間3分35秒で勝った西脇工がトップ。次いで2時間3分46秒の仙台育英(宮城)が続く。また、総距離は同じながら3、4区の距離が異なった大分県大会(3、4区いずれも8.0975km)で、大分東明が2時間3分38秒を出した。昨年の全国王者・世羅は留学生を温存し、個人レースの合計で2時間4分51秒をマークした。

女子5区間21.0975km(6km-4.0975km-3km-3km-5km)では、仙台育英の1時間7分12秒がトップで、神村学園(鹿児島)の1時間7分50秒が続く。1時間8分台は薫英女学院(大阪)と興譲館(岡山)の2校で、1時間9分台は千原台(熊本)をはじめ7校。1時間10分を切ったチームは11を数える。

この後、地区高校駅伝が各地で開催される。東北は11月11日に終わったが、20日には関東(トラックレースの合計)と九州、21日には北信越、中国、四国、28日には東海と近畿でそれぞれ行われる。

■都道府県大会20傑
●男子
2.03.35 西 脇 工 兵庫県1位
2.03.46 仙台育英 宮城県1位
2.04.35 九州学院 熊本県1位
2.04.56 豊  川 愛知県1位
2.05.24 洛  南 京都府1位
2.05.25 八千代松陰 千葉県1位
2.05.44 倉  敷 岡山県1位
2.05.50 名経大高蔵 愛知県2位
2.05.59 埼 玉 栄 埼玉県1位
2.06.13 出水中央 鹿児島県1位
2.06.16 青森山田 青森県1位
2.06.18 市 船 橋 千葉県2位
2.06.21 秋 田 工 秋田県1位
2.06.24 学法石川 福島県1位
2.06.27 智辯カレッジ 奈良県1位
2.06.39 報徳学園 兵庫県2位
2.06.42 鳥 栖 工 佐賀県1位
2.06.54 佐久長聖 長野県1位
2.06.57 國學院久我山 東京都1位
2.07.14 自由ケ丘 福岡県1位

※参考記録
2.03.38 大分東明 大分県1位→総距離は変わらないが3、4区の区間距離が変更
2.04.51 世  羅 広島県1位→個人レースの合計タイム
2.06.03 中  京 岐阜県1位→総距離42km
2.06.03 美濃加茂 岐阜県2位→総距離42km
2.06.13 宮崎日大 宮崎県1位→総距離42km
2.06.36 伊賀白鳳 三重県1位→総距離は変わらないが3、4区の区間距離が変更

●女子
1.07.12 仙台育英 宮城県1位
1.07.50 神村学園 鹿児島県1位
1.08.24 薫英女学院 大阪府1位
1.08.55 興 譲 館 岡山県1位
1.09.09 千 原 台 熊本県1位
1.09.17 長 野 東 長野県1位
1.09.30 立命館宇治 京都府1位
1.09.37 須磨学園 兵庫県1位
1.09.38 安城学園 愛知県1位
1.09.52 順  天 東京都1位
1.09.59 北九州市立 福岡県1位
1.10.06 ルーテル学院 熊本県2位
1.10.43 豊  川 愛知県2位
1.10.55 学法石川 福島県1位
1.10.59 京都外大西 京都府2位
1.11.05 日体大柏 千葉県1位
1.11.05 筑紫女学園 福岡県2位
1.11.09 埼 玉 栄 埼玉県1位
1.11.10 錦城学園 東京都2位
1.11.14 常  磐 群馬県1位

※参考記録
1.10.00 諫  早 長崎県1位→総距離21.1km
1.11.05 美濃加茂 岐阜県1位→総距離21km

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com