HOME 高校

2021.11.15

中京が同タイムの大接戦を競り勝つ 女子は美濃加茂が2位に4分差で2連覇/岐阜県高校駅伝
中京が同タイムの大接戦を競り勝つ 女子は美濃加茂が2位に4分差で2連覇/岐阜県高校駅伝

岐阜県高校駅伝は11月14日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着特設コースで行われ、男子(7区間42km)は中京が2時間6分03秒で美濃加茂と同タイムの大接戦の末、わずかに先着して2年ぶり40回目の優勝を果たした。女子(5区間21km)は美濃加茂が1時間11分05秒で2年連続2回目の制覇となった。

男子は都大路出場を懸けて中京と美濃加茂が最後の最後までしのぎを削った。2校は3区までマッチレースを展開。4区では中京・織橋巧(2年)が区間賞で、9秒先行した先頭の美濃加茂を逆転し、35秒のリードを奪った。さらに6区の佐々木陸(2年)も区間賞を獲得し、2位の美濃加茂とは41秒差まで開いた。

だが、美濃加茂のアンカー・古橋空弥(3年)が猛追。中京との差がどんどん縮めてついに追いついた。2校による決着は中京の高木結飛(2年)がやや前に出てフィニッシュ。節目の優勝を手にした。

女子は全員2年生で臨んだ美濃加茂が圧巻のレース。1区の瀬木彩花が区間賞で飛び出すと、その後も首位をひた走り、アンカーの樋口ほのかは悠々とフィニッシュ。区間賞独占で2位に4分01秒差をつけた。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都で開催される。男子の中京は2年ぶり40回目、女子の美濃加茂は2年連続2回目の出場。

岐阜県高校駅伝は11月14日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着特設コースで行われ、男子(7区間42km)は中京が2時間6分03秒で美濃加茂と同タイムの大接戦の末、わずかに先着して2年ぶり40回目の優勝を果たした。女子(5区間21km)は美濃加茂が1時間11分05秒で2年連続2回目の制覇となった。 男子は都大路出場を懸けて中京と美濃加茂が最後の最後までしのぎを削った。2校は3区までマッチレースを展開。4区では中京・織橋巧(2年)が区間賞で、9秒先行した先頭の美濃加茂を逆転し、35秒のリードを奪った。さらに6区の佐々木陸(2年)も区間賞を獲得し、2位の美濃加茂とは41秒差まで開いた。 だが、美濃加茂のアンカー・古橋空弥(3年)が猛追。中京との差がどんどん縮めてついに追いついた。2校による決着は中京の高木結飛(2年)がやや前に出てフィニッシュ。節目の優勝を手にした。 女子は全員2年生で臨んだ美濃加茂が圧巻のレース。1区の瀬木彩花が区間賞で飛び出すと、その後も首位をひた走り、アンカーの樋口ほのかは悠々とフィニッシュ。区間賞独占で2位に4分01秒差をつけた。 全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都で開催される。男子の中京は2年ぶり40回目、女子の美濃加茂は2年連続2回目の出場。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top