月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

中京が同タイムの大接戦を競り勝つ 女子は美濃加茂が2位に4分差で2連覇/岐阜県高校駅伝

岐阜県高校駅伝は11月14日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着特設コースで行われ、男子(7区間42km)は中京が2時間6分03秒で美濃加茂と同タイムの大接戦の末、わずかに先着して2年ぶり40回目の優勝を果たした。女子(5区間21km)は美濃加茂が1時間11分05秒で2年連続2回目の制覇となった。

男子は都大路出場を懸けて中京と美濃加茂が最後の最後までしのぎを削った。2校は3区までマッチレースを展開。4区では中京・織橋巧(2年)が区間賞で、9秒先行した先頭の美濃加茂を逆転し、35秒のリードを奪った。さらに6区の佐々木陸(2年)も区間賞を獲得し、2位の美濃加茂とは41秒差まで開いた。

だが、美濃加茂のアンカー・古橋空弥(3年)が猛追。中京との差がどんどん縮めてついに追いついた。2校による決着は中京の高木結飛(2年)がやや前に出てフィニッシュ。節目の優勝を手にした。

女子は全員2年生で臨んだ美濃加茂が圧巻のレース。1区の瀬木彩花が区間賞で飛び出すと、その後も首位をひた走り、アンカーの樋口ほのかは悠々とフィニッシュ。区間賞独占で2位に4分01秒差をつけた。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都で開催される。男子の中京は2年ぶり40回目、女子の美濃加茂は2年連続2回目の出場。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com