月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大、明大らが参戦する箱根駅伝の前哨戦「MARCH対抗戦2021」が11月24日に開催! YouTubeやABEMAでライブ配信も

11月24日(水)、明治大学(M)、青山学院大学(A)、立教大学(R)、中央大学(C)、法政大学(H)の私学5大学が参加する「MARCH対抗戦」が、町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)で開催される。

主催は、青山学院大の原晋監督が代表理事を務める、一般社団法人アスリートキャリアセンターで、「箱根駅伝に負けないような熱く、エンターテインメント性の高い大会を作りたい」「選手たちが活躍できる環境を増やしたい」という原監督の想いから、新たなスタイルでの大会開催を模索し、今大会の開催に至った。

種目は10000mのみで、レースは全5組で実施。各大学上位10人の合計タイムで順位を競う。GMOインターネットグループがメインスポンサーを務め、優勝チームには30万円が贈られるなど、成績に応じて各大学、個人に奨学金が授与される。

コロナ禍においては、試合が開催されても、無観客や観戦自粛の場合が多かったが、MARCH対抗戦は有観客で開催される(観戦は無料だが、事前にチケットの取得が必要)。160名限定でトラック内での観戦も可能で、選手の息遣いを間近に感じることができそうだ。さらに、コロナ禍で活動を制限されてきた各大学のブラスバンドやチアリーダー、応援団が大会を盛り上げる予定だ。

レースの模様は、前半(午後3時〜4時予定)をRCC中国放送アプリとアスリートキャリアセンター公式YouTubeチャンネルで、後半(午後4時〜7時予定)はABEMAの「SPORTS LIVEチャンネル」でライブ配信されるので、自宅で観戦することもできる。

正月の風物詩、箱根駅伝を約1ヵ月後に控えるこの時期には、各大学主催の競技会や、関東学連主催の10000m記録挑戦競技会(今年は11月23日)、東日本実業団陸上競技連盟主催の八王子ロングディスタンス(今年は11月27日)がある。例年好記録が続出しているが、MARCH対抗戦はひと味違った魅力を持ったレースになりそうだ。

記録会とは異なる「対抗戦」という緊張感があるなか、箱根駅伝の前哨戦として、また、10000mの最強最速の座をかけて、熱い戦いが繰り広げられる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com