HOME 駅伝

2021.11.05

青学大、明大らが参戦する箱根駅伝の前哨戦「MARCH対抗戦2021」が11月24日に開催! YouTubeやABEMAでライブ配信も
青学大、明大らが参戦する箱根駅伝の前哨戦「MARCH対抗戦2021」が11月24日に開催! YouTubeやABEMAでライブ配信も

11月24日(水)、明治大学(M)、青山学院大学(A)、立教大学(R)、中央大学(C)、法政大学(H)の私学5大学が参加する「MARCH対抗戦」が、町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)で開催される。

主催は、青山学院大の原晋監督が代表理事を務める、一般社団法人アスリートキャリアセンターで、「箱根駅伝に負けないような熱く、エンターテインメント性の高い大会を作りたい」「選手たちが活躍できる環境を増やしたい」という原監督の想いから、新たなスタイルでの大会開催を模索し、今大会の開催に至った。

種目は10000mのみで、レースは全5組で実施。各大学上位10人の合計タイムで順位を競う。GMOインターネットグループがメインスポンサーを務め、優勝チームには30万円が贈られるなど、成績に応じて各大学、個人に奨学金が授与される。

コロナ禍においては、試合が開催されても、無観客や観戦自粛の場合が多かったが、MARCH対抗戦は有観客で開催される(観戦は無料だが、事前にチケットの取得が必要)。160名限定でトラック内での観戦も可能で、選手の息遣いを間近に感じることができそうだ。さらに、コロナ禍で活動を制限されてきた各大学のブラスバンドやチアリーダー、応援団が大会を盛り上げる予定だ。

レースの模様は、前半(午後3時〜4時予定)をRCC中国放送アプリとアスリートキャリアセンター公式YouTubeチャンネルで、後半(午後4時〜7時予定)はABEMAの「SPORTS LIVEチャンネル」でライブ配信されるので、自宅で観戦することもできる。

正月の風物詩、箱根駅伝を約1ヵ月後に控えるこの時期には、各大学主催の競技会や、関東学連主催の10000m記録挑戦競技会(今年は11月23日)、東日本実業団陸上競技連盟主催の八王子ロングディスタンス(今年は11月27日)がある。例年好記録が続出しているが、MARCH対抗戦はひと味違った魅力を持ったレースになりそうだ。

記録会とは異なる「対抗戦」という緊張感があるなか、箱根駅伝の前哨戦として、また、10000mの最強最速の座をかけて、熱い戦いが繰り広げられる。

11月24日(水)、明治大学(M)、青山学院大学(A)、立教大学(R)、中央大学(C)、法政大学(H)の私学5大学が参加する「MARCH対抗戦」が、町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)で開催される。 主催は、青山学院大の原晋監督が代表理事を務める、一般社団法人アスリートキャリアセンターで、「箱根駅伝に負けないような熱く、エンターテインメント性の高い大会を作りたい」「選手たちが活躍できる環境を増やしたい」という原監督の想いから、新たなスタイルでの大会開催を模索し、今大会の開催に至った。 種目は10000mのみで、レースは全5組で実施。各大学上位10人の合計タイムで順位を競う。GMOインターネットグループがメインスポンサーを務め、優勝チームには30万円が贈られるなど、成績に応じて各大学、個人に奨学金が授与される。 コロナ禍においては、試合が開催されても、無観客や観戦自粛の場合が多かったが、MARCH対抗戦は有観客で開催される(観戦は無料だが、事前にチケットの取得が必要)。160名限定でトラック内での観戦も可能で、選手の息遣いを間近に感じることができそうだ。さらに、コロナ禍で活動を制限されてきた各大学のブラスバンドやチアリーダー、応援団が大会を盛り上げる予定だ。 レースの模様は、前半(午後3時〜4時予定)をRCC中国放送アプリとアスリートキャリアセンター公式YouTubeチャンネルで、後半(午後4時〜7時予定)はABEMAの「SPORTS LIVEチャンネル」でライブ配信されるので、自宅で観戦することもできる。 正月の風物詩、箱根駅伝を約1ヵ月後に控えるこの時期には、各大学主催の競技会や、関東学連主催の10000m記録挑戦競技会(今年は11月23日)、東日本実業団陸上競技連盟主催の八王子ロングディスタンス(今年は11月27日)がある。例年好記録が続出しているが、MARCH対抗戦はひと味違った魅力を持ったレースになりそうだ。 記録会とは異なる「対抗戦」という緊張感があるなか、箱根駅伝の前哨戦として、また、10000mの最強最速の座をかけて、熱い戦いが繰り広げられる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top