月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大・三浦龍司は2区!早大は1区から伊藤、井川、中谷 東海大・石原、日体大・藤本は外れる/全日本大学駅伝エントリー発表


11月7日に行われる全日本大学駅伝のメンバーエントリーが発表された。

東京五輪男子3000m障害7位入賞の順大・三浦龍司(2年)は2区に登録された。順大は石井一希(2年)が4区に入り、アンカーには関東インカレ1部ハーフマラソンで日本人トップだった四釜峻佑(3年)が務めることになりそう。

前回2位の東海大はエースの石原翔太郎(2年)が出雲に続いてメンバー外に。3区の市村朋樹(4年)、7区の本間敬大(4年)ら上級生がカギを握る。同3位の明大は1区・手嶋杏丞(4年)、8区・加藤大誠(3年)と箱根駅伝予選会組がどこまで調子を戻せるか。

10000m27分台が3人そろう早大は、1区から伊藤大志(1年)、井川龍人(3年)、中谷雄飛(4年)と有力ランナーを投入。補員に控える太田直希(4年)らで上位進出を狙う。一方で、出雲同様に千明龍之佑(4年)が外れている。

その他では、中大の吉居大和(2年)は1区へ。箱根駅伝予選会で日本人トップだった中央学大の栗原啓吾(4年)は2区に入った。法大の鎌田航生(4年)も2区。國學院大で出雲駅伝2区区間賞の木付琳(4年)も2区に登録されるなど、各校のエース級がそろう注目区間となる。一方、日体大のエース・藤本珠輝(3年)は登録外となった。

大会当日の朝6時10分から30分までの間に最大3人までのメンバー変更が可能。なお区間変更は認められない。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com