月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子・北九州市立が連覇、男子は自由ケ丘が2年ぶりV 気温上昇で有力校にアクシデント/福岡県高校駅伝

◇福岡県高校駅伝(10月31日/福岡県嘉麻市嘉穂総合運動公園周辺コース)

福岡県高校駅伝が10月31日に行われ、コロナ禍の影響で2年ぶりに従来の嘉麻市嘉穂総合運動公園周辺コースで実施されたレースは、男子は自由ケ丘が、女子は北九州市立が制した。

最高気温が23度を記録し、日差しを浴びると汗ばむ陽気の中で行われ、男女とも優勝候補校に脱水症状による「ブレーキ」が起こる波乱があった。

女子(5区間21.0975km)は、昨年全国4位の北九州市立が1時間9分59秒で優勝し、2年連続11回目の都大路出場を決めた。今年も筑紫女学園との接戦が予想されたが、1区は北九州市立の野田真理那(2年)が先頭に躍り出てそのまま19分14秒で区間賞を獲得。一方、その野田と競り合っていた筑紫女学園の松本明莉(2年)はラスト1kmで脱水症状を起こして区間9位に。北九州市立と1分30秒の差でタスキをつないだ。その後、筑紫女学園は2~5区のすべてで区間賞を獲得して追い上げたが、約1分届かなかった。

男子は、自由ケ丘が2時間7分14秒で2年ぶり2回目の優勝。レースは、古豪・大牟田が終始レースを牽引し、1区・荒巻朋煕(3年)でトップに立って以降は区間を追うごとに追いかける自由ケ丘を引き離していた。第6中継所では51秒差まで広がっていたが、大牟田のアンカー・青木龍翔(2年)が給水後のラスト1kmで脱水になり、競技場に入った後の450mで逆転を許すまさかの展開。2位に福岡一が入り、大牟田も最後まで走りきって3位だった。

自由ケ丘の岸本隆雄監督は「内容的には完敗でした。都大路に出させていただくことはうれしいですが、複雑な心境です。全国では大牟田の分も、恥ずかしくない走りをしたい」と、アクシデントに見舞われたライバルに心を寄せていた。

文/田端慶子

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com