月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司が初10000mで28分32秒28 出雲欠場も全日本に向け好調アピール/順大競技会


10月16日に順大競技会が行われ、東京五輪男子3000m障害7位入賞の三浦龍司(順大)が10000mで28分32秒28をマーク。1週間前に行われた出雲全日本大学選抜駅伝は欠場していたものの、走りで好調ぶりをアピールした。

今季は3000m障害で五輪出場を目指し、5月のREADY STEADY TOKYO、6月の日本選手権とレースを重ねていた三浦。8月の東京五輪に出場後も9月の日本インカレで優勝を飾るなど、ハイレベルな試合をこなしていたこともあり、出雲は連戦の疲労などを考慮して出場を回避した。

自身初の10000mとなったレースは、記録を狙うのではなく「ペース走のような感覚」での走りに徹しながらも、ラストでペースアップして1着でフィニッシュ。出雲駅伝の6区で区間4位と健闘した四釜峻佑を3.75秒差で抑えた。

出雲では10位と苦戦した順大だが、この日は三浦を筆頭に6人が28分台をマーク。1年生の浅井皓貴も28分45秒31の自己新で走るなど新戦力の台頭も著しい。11月7日に行われる全日本大学駅伝では、三浦が前回区間新記録を樹立した1区への再登板が有力視されており、巻き返しを狙っている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com