月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子円盤投の齋藤真希が日本歴代3位の56m58! 日本記録保持者・郡菜々佳は54m29で2位/北九州カーニバル

福岡県北九州市の本城競技場で北九州カーニバルが開催され、女子円盤投で齋藤真希(東女体大)が日本歴代3位、学生歴代2位、大会新の56m58を投げて優勝した。日本記録(59m03)を持つ郡菜々佳(九州共立大)は54m29で2位だった。

齋藤は中学、高校(学年別)、U18、U20とすべてのカテゴリーで最高記録を塗り替えてきた逸材。今季は日本選手権連覇、日本インカレ優勝、関東インカレ3連覇と主要大会をすべて制しているが、昨年マークした自己記録(55m53)は更新できていなかった。

この日は円盤投選手には有利となる強い向かい風が吹き、好記録誕生が予感された。1投目に郡が54m29でリードを奪ったが、2投目まで46m26にとどまっていた齋藤が3投目にビッグアーチを描く。「体調が良く、強い向かい風が吹いて条件も良かったので、記録を狙っていました」と力強い振り切りから放たれた円盤は、55mを大きく超えて着地。日本記録には届かなかったが、狙っていた自己記録を1m以上上回る56m58をマークしてそのまま逃げ切った。

これで歴代順位で上にいるのは郡と室伏由佳の2人のみ。「日本歴代3位はうれしいですが、できたら1番がいいので、今後の目標ですね」と話す齋藤は、さらなる高みを見据えている。

■女子円盤投日本歴代5傑
59.03 郡 菜々佳(九州共立大3+) 2019. 3.23
58.62 室伏 由佳(ミズノ) 2007. 5.13
56.58 齋藤 真希(東女体大3) 2021.10.17
56.51 中西美代子(ミキハウス) 2000.10.18
56.08 北森 郁子(添上高教) 1987. 6.13

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com