HOME 国内、大学

2021.09.19

19年世界選手権3000mSC代表・吉村玲美が9分41秒43の学生新で貫禄の3連覇!/日本IC
19年世界選手権3000mSC代表・吉村玲美が9分41秒43の学生新で貫禄の3連覇!/日本IC

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)3日目

第90回日本インカレ3日目・女子3000m障害は、大会記録保持者の吉村玲美(大東大3)が日本歴代2位となる9分41秒43の日本学生記録を樹立して3連覇を達成した。

吉村は2周目に入った500m過ぎから独走態勢を築くと、1000m3分11秒、2000m6分27秒と快調なペースを刻んでいく。最後は苦しい表情を浮かべながらも再びペースを上げ、昨年自身が打ち立てた大会記録(9分55秒34)だけでなく、今年6月の日本選手権でマークした自己記録(9分45秒52)、2016年に高見澤安珠(松山大)が樹立した学生記録9分44秒22を上回った。

「フィニッシュして涙が出たのは初めて。学生記録を塗り替えることを第一に考えていたのでとてもうれしいです。でも、もうちょっとがんばれば(9分)40秒を切れたかもしれないので、少し悔しさも残りますね」

神奈川・白鵬女高3年時の日本選手権で10分07秒48の高校新記録を打ち立てて以降、同世代ではずば抜けた存在だった。大東大に進学した2019年には日本選手権を制し、同年のドーハ世界選手権にも出場。以降は日本の上位戦線を牽引し続けてきた。

ところが、今年は同世代の山中柚乃(愛媛銀行)が台頭。日本選手権のタイトルだけでなく、自身がつかめなかった東京五輪の出場権も許すかたちとなり、「このままではダメだ」と意識を変えた。

練習の質を上げるだけでなく、ウエイト器具を用いての筋力トレーニングにも注力。体重は変わらずに腕、脚、腹筋などの筋力量が増したことでフォームの改善につながり、今回の記録更新につなげた。

「前の自己ベストは山中さんと競り合ってのもの。今回は自分でレースを作ってのタイムなので自信になりました」と自身も成長を実感しているようだ。

今後は駅伝シーズンへ向かうことになるが、個人としては来年の世界選手権、ワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)を視野に入れて取り組んでいく。

「このタイムでは世界で戦うのは難しい。日本記録(9分33秒93)を超えないと勝負できないと思うので、そのために1500mや5000mなどの走力を上げていきたいです」

3度目の日本インカレ制覇をステップに、吉村は再び世界へ羽ばたいていくつもりだ。

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)3日目 第90回日本インカレ3日目・女子3000m障害は、大会記録保持者の吉村玲美(大東大3)が日本歴代2位となる9分41秒43の日本学生記録を樹立して3連覇を達成した。 吉村は2周目に入った500m過ぎから独走態勢を築くと、1000m3分11秒、2000m6分27秒と快調なペースを刻んでいく。最後は苦しい表情を浮かべながらも再びペースを上げ、昨年自身が打ち立てた大会記録(9分55秒34)だけでなく、今年6月の日本選手権でマークした自己記録(9分45秒52)、2016年に高見澤安珠(松山大)が樹立した学生記録9分44秒22を上回った。 「フィニッシュして涙が出たのは初めて。学生記録を塗り替えることを第一に考えていたのでとてもうれしいです。でも、もうちょっとがんばれば(9分)40秒を切れたかもしれないので、少し悔しさも残りますね」 神奈川・白鵬女高3年時の日本選手権で10分07秒48の高校新記録を打ち立てて以降、同世代ではずば抜けた存在だった。大東大に進学した2019年には日本選手権を制し、同年のドーハ世界選手権にも出場。以降は日本の上位戦線を牽引し続けてきた。 ところが、今年は同世代の山中柚乃(愛媛銀行)が台頭。日本選手権のタイトルだけでなく、自身がつかめなかった東京五輪の出場権も許すかたちとなり、「このままではダメだ」と意識を変えた。 練習の質を上げるだけでなく、ウエイト器具を用いての筋力トレーニングにも注力。体重は変わらずに腕、脚、腹筋などの筋力量が増したことでフォームの改善につながり、今回の記録更新につなげた。 「前の自己ベストは山中さんと競り合ってのもの。今回は自分でレースを作ってのタイムなので自信になりました」と自身も成長を実感しているようだ。 今後は駅伝シーズンへ向かうことになるが、個人としては来年の世界選手権、ワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)を視野に入れて取り組んでいく。 「このタイムでは世界で戦うのは難しい。日本記録(9分33秒93)を超えないと勝負できないと思うので、そのために1500mや5000mなどの走力を上げていきたいです」 3度目の日本インカレ制覇をステップに、吉村は再び世界へ羽ばたいていくつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top