月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

福岡大が女子4×100mRで涙の学生新!五輪代表・兒玉芽生が100mと2冠達成/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)2日目

第90回日本インカレ2日目。女子短距離は兒玉芽生を擁する福岡大が圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。

4×100mリレー決勝。日体大が2018年の日本インカレでマークした44秒59の日本学生記録更新を狙った福岡大は、1走を予選の加藤汐織から1年生の伊藤彩香に変更し、兒玉、渡邊輝、城戸優来で臨んだ。オーダーの変更は「調子が良いほうを」(渡邊)と決まっており、「直前まで話し合いました」(兒玉)と、ギリギリで決まったという。

心配された天候だったが、ほとんど雨も降らず、風は穏やか。100mハードルが専門の伊藤が堂々とスタートを切ると、兒玉が圧巻の走りで一気に他校に差をつける。兒玉・渡邊の同級生コンビで「最後」のバトンをつなぐと、ムードメーカーの城戸がフィニッシュまで大切に運んだ。

44秒51――。目標だった学生記録の更新に、メンバーたちは号泣。「これまでの中で比べられないほどうれしかった」と兒玉は珍しく感情を爆発させた。「2年間、ずっと学生記録を狙っていました」。ここまで、「チームメイトや信岡(沙希重)先生と、時には意見をぶつけ合いながらやってきました。4人、補欠、先生とやってきました」と兒玉は、ここまでの道のりに目頭を熱くした。

その勢いのままに臨んだ100m決勝。前回女王、そして日本選手権チャンピオンとして、「追われる立場で苦しさもありました」。決して兒玉らしい走りではない。それでも、東京五輪4×100mリレーとしてともに戦った面々を力でねじ伏せ、11秒51(+0.5)で2連覇を達成した。「タイムも走りも良くなくて、勝ちを意識して硬くなってしまいました。60点くらいですが、恩返しとして優勝できてよかったです」と、ホッと胸をなで下ろす。

これで昨年に続く100m、200m、4×100mリレーの3冠に王手をかけた兒玉。だが、連覇や3冠は「意識せず、優勝を狙って自分のやりたいレースができるようにしたいです」と、目の前の200mのみに集中する構え。これまでこの2年連続3冠を果たした選手は一人もいない。最後のインカレ、最終日。兒玉が歴史を塗り替える。

◇女子100m上位は五輪代表がずらり
兒玉に続き、五輪補欠の壹岐あいこ(立命大)が11秒67で2位。さらに、五輪の4×100mリレーで1走を務めた青山華依(甲南大)が11秒69、同補欠の石川優(青学大/11秒74)、同3走の齋藤愛美(大阪成蹊大/11秒86)と、上位5人に日本代表がずらりと並んだ。オリンピックイヤーの日本インカレで強さを見せたメンバーたち。4×100mリレーで来年のユージン世界選手権の参加標準記録を得ている日本代表入りへ、まだまだ切磋琢磨は続きそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com