HOME 東京五輪、日本代表、五輪
「弱虫だった」川野将虎が五輪最後の50km競歩で6位!途中、体調不良も地面叩いて追い上げ
「弱虫だった」川野将虎が五輪最後の50km競歩で6位!途中、体調不良も地面叩いて追い上げ

陸上男子50キロ競歩でゴールする川野将虎=6日、北海道札幌市


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目のモーニングセッション、男子50km競歩が札幌で行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

国際大会で50km競歩が行われるのはこれが最後。その舞台で「高校生の時から50km競歩で東京五輪」を目指してきた22歳の川野将虎(旭化成)がやってのけた。

前日、20km競歩で同じ旭化成の池田向希が銀メダルを獲得。「おめでとう」とメッセージを送ると、「ありがとう。明日は笑顔で終わろうな」と返ってきた。同じ静岡出身(※川野は宮崎県生まれ)の同学年。高校時代からライバルとして歩き、東洋大、そして旭化成とチームメイトとなった。

20kmと同様に、1人中国の羅亜東が抜け出す。世界記録保持者のY.ディニズ(フランス)が離脱したりペースアップしたり揺さぶりをかける。そんななか、川野は静かに勝負所を待った。30km手前でD.トマラ(ポーランド)が抜け出す。そこにはつけなかったが、2集団をしっかりキープ。トマラが一人旅となるなか、異変は41kmすぎに起こる。

「暑さで内臓がやられて、途中から気持ち悪くなっていました」。川野は嘔吐し、倒れ込んだ。両拳で地面を叩く。すぐさま起き上がり、前を追った。大学時代から指導を受ける酒井瑞穂コーチからは「吐いてもいいから」と言われていたという。

広告の下にコンテンツが続きます

2位集団まで一気に戻す。最後はベテラン勢の駆け引きにメダル争いから脱落したものの、3時間51分56秒で完歩。初出場で6位入賞をもぎ取った。

「50kmは今回が最後。本当は今村(文男)コーチたちがつないできてくださった方々への恩返しとしてメダルが取れればよかったのですが、今の力を出し切りました」

そして、「弱虫だった自分の背中を常に押してくれた瑞穂コーチに感謝したいです」と言う。

川野は礼儀正しく、優しい男。瑞穂コーチいわく「虫も殺せない」。幼い頃は柔道を習っていたが、相手を投げ飛ばせなかった。高校時代からその才能を買われて競歩でも結果を残してきたが、今ひとつタイトルに届かなかったのも、その弱さがあったからかもしれない。

広告の下にコンテンツが続きます

だが、東洋大で瑞穂コーチと出会い、上を目指す長距離ブロックの姿勢を学び、池田の強気な姿勢に触れ、少しずつだが精神的にも成長していった。2019年4月の日本選手権50kmで鈴木雄介(富士通)に敗れて世界選手権は出られず。池田はその舞台(20km)で6位だった。同年の関東インカレ10000m競歩では失格で泣き崩れた。何かが足りなかった。

それからはスピードにも磨きをかけ、秋の高畠では3時間36分45秒の日本新で東京五輪代表に内定。「ここぞという度胸は実は池田より川野のほうがある」と瑞穂コーチが評価していた。

倒れ込んでからの追い上げに「弱虫」だった姿はない。1歩でも前へ、1つでも上へ、そして東洋大の象徴でもある「1秒をけずりだす」ために歩いた。

「50kmはこれで終わりですが、次は新しい競歩(35km)の世界が始まる。それを自分がつないでいけるようなつもりでやっていきたい」

広告の下にコンテンツが続きます

歩き続けた先に待っていた世界。次はもっと上を目指す。

写真/時事 ◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目 陸上競技8日目のモーニングセッション、男子50km競歩が札幌で行われた。 国際大会で50km競歩が行われるのはこれが最後。その舞台で「高校生の時から50km競歩で東京五輪」を目指してきた22歳の川野将虎(旭化成)がやってのけた。 前日、20km競歩で同じ旭化成の池田向希が銀メダルを獲得。「おめでとう」とメッセージを送ると、「ありがとう。明日は笑顔で終わろうな」と返ってきた。同じ静岡出身(※川野は宮崎県生まれ)の同学年。高校時代からライバルとして歩き、東洋大、そして旭化成とチームメイトとなった。 20kmと同様に、1人中国の羅亜東が抜け出す。世界記録保持者のY.ディニズ(フランス)が離脱したりペースアップしたり揺さぶりをかける。そんななか、川野は静かに勝負所を待った。30km手前でD.トマラ(ポーランド)が抜け出す。そこにはつけなかったが、2集団をしっかりキープ。トマラが一人旅となるなか、異変は41kmすぎに起こる。 「暑さで内臓がやられて、途中から気持ち悪くなっていました」。川野は嘔吐し、倒れ込んだ。両拳で地面を叩く。すぐさま起き上がり、前を追った。大学時代から指導を受ける酒井瑞穂コーチからは「吐いてもいいから」と言われていたという。 2位集団まで一気に戻す。最後はベテラン勢の駆け引きにメダル争いから脱落したものの、3時間51分56秒で完歩。初出場で6位入賞をもぎ取った。 「50kmは今回が最後。本当は今村(文男)コーチたちがつないできてくださった方々への恩返しとしてメダルが取れればよかったのですが、今の力を出し切りました」 そして、「弱虫だった自分の背中を常に押してくれた瑞穂コーチに感謝したいです」と言う。 川野は礼儀正しく、優しい男。瑞穂コーチいわく「虫も殺せない」。幼い頃は柔道を習っていたが、相手を投げ飛ばせなかった。高校時代からその才能を買われて競歩でも結果を残してきたが、今ひとつタイトルに届かなかったのも、その弱さがあったからかもしれない。 だが、東洋大で瑞穂コーチと出会い、上を目指す長距離ブロックの姿勢を学び、池田の強気な姿勢に触れ、少しずつだが精神的にも成長していった。2019年4月の日本選手権50kmで鈴木雄介(富士通)に敗れて世界選手権は出られず。池田はその舞台(20km)で6位だった。同年の関東インカレ10000m競歩では失格で泣き崩れた。何かが足りなかった。 それからはスピードにも磨きをかけ、秋の高畠では3時間36分45秒の日本新で東京五輪代表に内定。「ここぞという度胸は実は池田より川野のほうがある」と瑞穂コーチが評価していた。 倒れ込んでからの追い上げに「弱虫」だった姿はない。1歩でも前へ、1つでも上へ、そして東洋大の象徴でもある「1秒をけずりだす」ために歩いた。 「50kmはこれで終わりですが、次は新しい競歩(35km)の世界が始まる。それを自分がつないでいけるようなつもりでやっていきたい」 歩き続けた先に待っていた世界。次はもっと上を目指す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top