月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

200mデグラス悲願の世界一!世界大会7個目で初の金メダル カナダ勢93年ぶり


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技6日目

陸上競技6日目のイブニングセッション最終種目、男子200m決勝が行われ、カナダのA.デグラスが19秒62(-0.5)で金メダルを獲得した。カナダ勢にとっては1928年アムステルダム五輪で100m、200mを制したP.ウィリアムズ以来、実に93年ぶりの200mV。

ついに悲願達成の瞬間が訪れた。デグラスはこれまで15年北京世界選手権で100m銅メダルを獲得すると、これまで長くトップスプリンターとしてU.ボルト(ジャマイカ)らとメダル争いを繰り広げ、「ポスト・ボルト」の一番手として目されていた。

だが、16年リオ五輪は100m3位、200m2位。17年ロンドン世界選手権はケガで欠場し、19年ドーハ世界選手権は復活しながら100m3位、200m銀メダル。どうしても金メダルには届かなかった。

26歳のデグラス。大会前は100m9秒90、200m19秒80がベスト。申し分ない記録を作っても、世界一に届かない。東京五輪では100mで9秒89の自己新もまた3位。

だが、200mは準決勝で19秒73と自己新を出すと、米国勢を抑え、世界大会7つ目のメダルをゲット。これまでで一番輝く色だった。

2位にK.ベドナレクが19秒68、N.ライルズが19秒74で3位、17歳のE.ナイトンは4位と米国勢が占めた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com