HOME 東京五輪、日本代表、五輪
田中希実1500m連続日本新でファイナル!日本女子初4分切り人見絹枝以来の93年ぶり快挙
田中希実1500m連続日本新でファイナル!日本女子初4分切り人見絹枝以来の93年ぶり快挙


日本の五輪史上、初めて女子1500mに出場した田中希実(豊田自動織機TC)が予選に続き、準決勝でも圧巻のレースを展開した。

1組に登場した田中はスタートからインコースを突き、ホームストレートで2番手につける。「最初の100mで1レーンが空いていたのは自分にとって良くて、そこでスッと出ることができました」。トップは400mを62秒74で通過。「1周目は今まで体験したことがないペースだったんですけど、そこまできつくなかったので4分切りも狙えるかなと思いました」。田中がトップを奪い、自らレースを引っ張る。思ったよりきつくない。田中はレース序盤で『大記録』の手応えを感じていた。

広告の下にコンテンツが続きます

800mは田中を先頭に2分09秒05で通過。その後は首位から引きずり降ろされたが、トップ集団の中でレースを進める。1200m通過はトップが3分11秒42で田中は5番目。必死で上位の背中を追いかけた。

リオ五輪の女王F.キピエゴン(ケニア)が3分56秒80でトップを飾ったレースで、田中は3分59秒19の5着。決勝進出を決めただけでなく、予選でマークした日本記録(4分02秒33)を3.14秒も更新し、日本女子初の3分台に突入した。

「4分を切らないと決勝進出は難しいと思っていましたが、4分を切れるかどうかは別として、今の全力をぶつけました。その結果、理想通りのタイムで決勝に進むことができて、すごくうれしいです」

2組で争われた準決勝は「上位5着+2」が決勝進出の条件だった。田中はファイナルを見つめて、「着順での通過」を狙っていたという。そして自らレースを作り、「決勝進出」と「3分台」という2つの快挙を成し遂げた。女子中距離種目で五輪のファイナルに進んだのは1928年アムステルダム五輪800mの人見絹枝のみ。93年ぶりのことだ。

広告の下にコンテンツが続きます

東京五輪という大舞台で、5000m(予選落ち)を含めて自己ベストを3度更新。女子1500mでは、昨年7月の4分05秒27、今年7月の4分04秒08、今大会の予選・準決勝と「こだわり」の1500mで4度目の日本新。東京五輪で残るレースは8月6日(19時50分)の女子1500m決勝のみ。「スローな展開になることが多いので、ラスト1周にこだわって走りたい」と田中。快進撃を続ける21歳は、東京五輪最後のレースでどんなドラマチックな走りを見せるのだろうか。

日本の五輪史上、初めて女子1500mに出場した田中希実(豊田自動織機TC)が予選に続き、準決勝でも圧巻のレースを展開した。 1組に登場した田中はスタートからインコースを突き、ホームストレートで2番手につける。「最初の100mで1レーンが空いていたのは自分にとって良くて、そこでスッと出ることができました」。トップは400mを62秒74で通過。「1周目は今まで体験したことがないペースだったんですけど、そこまできつくなかったので4分切りも狙えるかなと思いました」。田中がトップを奪い、自らレースを引っ張る。思ったよりきつくない。田中はレース序盤で『大記録』の手応えを感じていた。 800mは田中を先頭に2分09秒05で通過。その後は首位から引きずり降ろされたが、トップ集団の中でレースを進める。1200m通過はトップが3分11秒42で田中は5番目。必死で上位の背中を追いかけた。 リオ五輪の女王F.キピエゴン(ケニア)が3分56秒80でトップを飾ったレースで、田中は3分59秒19の5着。決勝進出を決めただけでなく、予選でマークした日本記録(4分02秒33)を3.14秒も更新し、日本女子初の3分台に突入した。 「4分を切らないと決勝進出は難しいと思っていましたが、4分を切れるかどうかは別として、今の全力をぶつけました。その結果、理想通りのタイムで決勝に進むことができて、すごくうれしいです」 2組で争われた準決勝は「上位5着+2」が決勝進出の条件だった。田中はファイナルを見つめて、「着順での通過」を狙っていたという。そして自らレースを作り、「決勝進出」と「3分台」という2つの快挙を成し遂げた。女子中距離種目で五輪のファイナルに進んだのは1928年アムステルダム五輪800mの人見絹枝のみ。93年ぶりのことだ。 東京五輪という大舞台で、5000m(予選落ち)を含めて自己ベストを3度更新。女子1500mでは、昨年7月の4分05秒27、今年7月の4分04秒08、今大会の予選・準決勝と「こだわり」の1500mで4度目の日本新。東京五輪で残るレースは8月6日(19時50分)の女子1500m決勝のみ。「スローな展開になることが多いので、ラスト1周にこだわって走りたい」と田中。快進撃を続ける21歳は、東京五輪最後のレースでどんなドラマチックな走りを見せるのだろうか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top